【先生ありがとう】小学生の頃の担任から学んだ『生きた教育とは』社会人になっても一生忘れない色褪せない僕の中で生き続ける言葉『それをマルにするのは君の人生の為にならない!』とは? | 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【先生ありがとう】小学生の頃の担任から学んだ『生きた教育とは』社会人になっても一生忘れない色褪せない僕の中で生き続ける言葉『それをマルにするのは君の人生の為にならない!』とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも僕です☆

今回はこんな子供の頃の感動のしみじみするお話…

1.『専』の上に点は要らない、『博』の上には点が要る!

この前仕事中に上司の社員の人が『博』って専の上に点いるんやったっけ言われて僕は要りますよって答えました専門の『専』は点要るっけ?にはいや要りませんよと即答!
というのも昔小学3〜4年の時だったかな僕は『専』の上に点を付けて漢字の50問テストで100点を逃しました‥98点ですね。(笑)
その時に担任の先生に上の点ぐらいいいじゃないですか!?マルにして下さいよ!と強く抗議して言いましたが、その時の担任の男子教師は頑なに点1つでもミスはミスだ!『それをマルにするのは君の人生為にならない!』と言われたのを今でも覚えてます。厳しい先生でした。
僕も大人となり社会人ともなりふとこの事を思い出しました…あの時の先生の厳しさ為になってるなって…(感動)



 2.これこそが正に『生きた教育』貴方こそが教師の鑑だ!

もしあの時に担任の先生が分かった、分かったでマルにしてくれて100点満点になってたら僕は『専』の上に点をきっと今でも付けてると思います。
そしてこの事も記憶には残ってないと思います。
小学生の頃のテストなんて、別に98点だろうが100点満点だろうがどうでもいい訳で、まぁ入試や、大切な試験の時の1点、2点を争う場面は別として、大切な事は自分の身になるかならないかです!
はっきり言って昔勉強して覚えた事なんて覚えてない事ばっかだしホントに一夜漬けとか触りだけ覚えただけで身になってないなぁ〜って今考えると思います。その時のテストの点数良ければイィじゃん!みたいな。




それに比べてあの時の担任の先生の教育こそ正に『生きた教育』だなと
だって僕はこの事一生忘れないし、漢字も間違える事は一生無いです。
先生ありがとうございました!これこそが教育だなぁ〜としみじみ思いました!
では今回はこんなところで、僕でした☆
 



にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ このエントリーをはてなブックマークに追加