【M-1グランプリ昔と比較】2017年のM-1グランプリを見ての率直な感想。昔と比べてつまらない、おもんない。【とろサーモン】 | 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【M-1グランプリ昔と比較】2017年のM-1グランプリを見ての率直な感想。昔と比べてつまらない、おもんない。【とろサーモン】

2017年12月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも僕です☆

今回はこんな話題のお話…


1.M-1グランプリがおもんなさ過ぎる…

昔と比べて本当におもんないですね。ショックです。

M-1グランプリとしてのブランド意義が問われていると久し振りに見て感じました。

結局昔のコンビの方が面白かったと感じますね。凄い衝撃のニューカマーやダークホース

もいないし。昔で言う2002年に出てきた笑い飯みたいな。






笑い飯出てきたときホント衝撃だったな。Wボケのスタンスの新しさもあるけど

何よりもめちゃくちゃ面白かった!とにかく荒削りなのに面白かった。

昔って滑ってるコンビってほぼいなかったと思うんですよね。

まぁ人それぞれ笑いの好みがありますし、お笑いを好きか嫌いか、大阪人じゃないかどうかでも違うと思います。




2.審査員への疑問…

今回のを見ても思うけど一体誰が審査して決勝まで残したんだよ?って言うコンビ

今年も何組かいたよね?ちゃんと審査しろよ。


マヂカルラブリーとかあんなのが決勝いたらどんだけこのM-1のレベル低いんだよ!ってなるでしょ。なんか他の組にも失礼な気がする。



他の芸人達どんな目で見てたんだろな…だってプロなんだよ?

素人の大学生の文化祭じゃないんだから…w




3.結局華がないと売れないのが芸能界

いくらネタが面白くてもテレビとなると別。不特定多数の見るテレビはやはり華がないとチャンネルを変えてしまう。

本当に申し訳ないが、M-1グランプリの優勝者のその後の人気に陰りが出だしたのは2009年のパンクブーブーからであるのは間違い無い。やはり華がなかったもんなあのコンビ…
といぅのもあの2人は本当に努力して諦めずにやって来たのが報われての2009年大会の優勝だったが、やはりそこに辿り着くまでの道のりが永すぎて申し訳ないが人間として腐ってしまっている。



特に目が。あのコンビ、ネタは本当によく出来てて面白い、しかしイマイチぱっとしなかったのはカイジ同様の地下生活で腐ってしまっているからなのは間違い無い。やはり視聴者にその腐ってしまっている感がどうしても伝わってしまうので。
<


2010年の笑い飯はもともと売れてるから除外。
2015年のトレンディエンジェルはとにかく、キャラが良かった。斎藤さんの。
トレンディエンジェルなんて結構昔から僕は面白いと思ってたし、M-1グランプリのお陰で売れたのかは微妙…
2016年銀シャリ
完全無欠のべしゃくりのみのコンビ!華はゼロで、それにこだわってもいない。しかし、ネタの完成度と面白さは折り紙付き!特に関西人は好きな人多いね、銀シャリ。関西人はとにかく面白いのが好きだが、正統派が好きな傾向にある為に動きの多い漫才師より、べしゃくりのみの実力派の方が好きな傾向にはある。



よって、関西人からの評価は高い銀シャリではあるが全国区となると華がなさ過ぎるよなぁ…残念。個人的にめっちゃ好きなのでもっと売れて欲しいというかネタを見たい!
しかし今はネタ見せの番組が昔に比べるとホント少ない。だからタレント力のある芸人しかテレビに残れない世の中なのですね。



そんな中での2017年チャンピオンとろサーモン。

ん~ん、久保田とかテレ東芸人だから地上波はダメだろ~なぁ。

上で言ったみたいに完全に目が腐ってる久保田は。

村田は個人的にL’ArcenCiel (ラルク アン シエル)のtetsuya(テツヤ)に

似てる気がするからそれだけで好き!w普通にイケメン。でも売れない暗黒時代が永すぎてやはり目が腐ってる。







まぁそんなに売れないだろうなぁ~とろサーモン。

もともとお笑い好きなら知らない人はいないぐらいのコンビなんだけどな。

久保田のゲスさが売れるのには足引っ張るのは間違いないね。

個人的には嫌いじゃないけどね♪別にネタが面白いとは思わないけど。

ではまた僕でした☆






にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ このエントリーをはてなブックマークに追加