【消えるな駄菓子屋!】消え行く子供の夢の場所駄菓子屋…だがしかしのほたるさんが許さないはずだ!駄菓子屋で思い出した子供の頃の信じられない思い出とは!? | 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【消えるな駄菓子屋!】消え行く子供の夢の場所駄菓子屋…だがしかしのほたるさんが許さないはずだ!駄菓子屋で思い出した子供の頃の信じられない思い出とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも僕です☆
今回はこんな深刻なお話と過去の仰天の行動のお話…


1.消え行く駄菓子屋さん

最近駄菓子屋さんってホントと減りましたよね。

僕の子供の頃はまだまだ沢山の駄菓子屋さんがありましたが

もう昔行ってた駄菓子屋さんはもう1つも残ってない…悲しいな。

駄菓子屋さんって高齢の人がもはや趣味でやっているようなもの

で収益とか利益なんて考えたものではありません。

ある意味商売としては成立していないわけです。




そりゃ10円、20円の商品を売って商売として成り立つわけ無いですよね?

駄菓子屋さんは高齢の方が趣味で子供の笑顔を見るためにやっているようなものなのです。

もちろんこの商売として成立していないものを子供の代まで継がすわけには行きませんよね。



だから1代で終わってしまってどんどん駄菓子屋さんが減ってしまっているのです。

今ではお菓子のまるしげ、スーパー等で買うのが当たり前となり、駄菓子屋さん買う

のが当たり前だった僕の子供の頃とはずいぶん変わってしまいました。



2.だがしかし駄菓子は消えず

しかし駄菓子屋さんは消えて行っていますが、駄菓子そのものは消えてはいません!

『週刊少年サンデー』で連載されている『だがしかし』は毎週懐かしの駄菓子を紹介すると言う

異色の少年漫!面白いし、懐かしい!




駄菓子屋さんの今の姿が『お菓子のまるしげ』駄菓子も売りつつ普通のお菓子(カルビーのポテトチップスなど)も売って利益をだしつつ駄菓子を守っている!

普通もスーパーでも駄菓子を置いているコーナーがあることが多く完全に駄菓子が無くならない様にしている。


このようにみんなの思いで駄菓子は永遠に生き続けるのです。

頼むから消えないでくれ!駄菓子!だがしかし…なんてことにはならないで欲しいな…






 

3.駄菓子の定番!きなこ棒


どりこ飴本舗 棒きなこ当 50本入り 新規格品

このきなこ棒今見たら当たりが50本中10本!昔はもっと多くて大体半分位が当りで引く楽しみと食べてもウマイ!と言う正に駄菓子的な商品で子供達に大人気の商品だった!


4.ここで僕の友達の奇怪な行動が起こる…

大体半分が当たりということは2本食べれば1本は当たり!つまり1本買って当らなければかなり悔しいのです(笑)

その友達店主のおっちゃんに10円を払い食べたがハズレ!もう1本買うもまたハズレ!かなりのダメージです(笑)




その時何やらブツブツ独り言を言いながら、そうや、こうしたらいぃんや!と言いもう1本きなこ棒を買い後ろを向きながら食べて、ちっやっぱりハズレだ。もうやるしかないと言ってとある驚きの行動をします…



なにやら『アイタッ!』『これでもあかんか!今度こそ!よしいけた!』と言いながらしていたその行動とは…

ちなみにきなこ棒って爪楊枝に水飴で固めたきなこが刺さっていて当たりなら爪楊枝の先が赤く塗ってあります。こんな感じ↓

 

 

 

その爪楊枝を使って
歯茎を刺して鮮血で爪楊枝を赤く染めてあたりにしてしまおうとしていたのです…


発想がもうやばいでしょ!?マジでびっくりしたわこの友達の行動。
笑いのためなら何でもするような奴でしたがこの行動は引いたな…

その爪楊枝で当たった!って言っておっちゃんに持って行ってたけどすぐばれて
それははずれや!って言われてたけどw
だって全然つまようじに赤が馴染んでなっかたもん(笑)

まぁ懐かしい子供の頃のぶっ飛んだ思い出だ!ではまた僕でした☆


どりこ飴本舗 棒きなこ当 50本入り 新規格品







にほんブログ村 ブログブログ ブログ活用法へ このエントリーをはてなブックマークに追加