【生まれてくる明日の手は純粋そのままで…】DIR EN GREY(ディルアングレイ)のGLASS SKIN(グラススキン)…儚くも美しい旋律と心に響く天才(神)京の読み解くことの出来ない難解な歌詞… - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【生まれてくる明日の手は純粋そのままで…】DIR EN GREY(ディルアングレイ)のGLASS SKIN(グラススキン)…儚くも美しい旋律と心に響く天才(神)京の読み解くことの出来ない難解な歌詞…

この記事は約 2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です★今回はこんなアーティストの心に響く歌詞シリーズです♪

1.GLASS SKIN…

メジャー22枚目のシングルであるこのGLASS SKIN。DIRには珍しく環境破壊を歌った1曲だ。まずは歌詞を見て頂きたい…

GLASS SKIN

作詞 京

作曲 Dir en Grey

ブレ始めた視界
ガラスの空、風の色
独り流れているメリーゴーランド
手を振る
後ろめたさより どことなく薄れた声
明日自分を置き去りに眠る
喜劇の涙より誰よりも儚く
奪われるまま汚れるまま
ココに…

一夜明けた暗い朝に窓を額に見立て
眠る肌起こし濡れた絵に手を伸す
春が川に散らす命ユラユラ何所へ行く?
重たく閉ざした扉に手をかける
パレードの亡骸 静けさが今日も俺を
眠らせない真実と笑う
喜劇の涙より誰よりも儚く
奪われるまま汚れるまま
ココに愛を…
おどけて踊る四季がどこまでも痛く
奪われるまま汚れるまま差し出す夢に溶けて

I bleed as my way of compensating everything to you
How heavy is blood?
Happiness and sadness lies too close
生まれてくる明日の手は純粋そのままで
涙で君がもう見えない

喜劇の涙より誰よりも儚く
奪われるまま汚れるまま
ココに愛を…
君を見下ろせる一つの観覧車
ただ崩れ行く旋律さえ
甘く綺麗で怖い
浅い言葉より太陽にさらされた
影が焼き付く心に触れ…

2.生まれてくる明日の手は純粋そのままで…

この歌詞で心に響くのはやはりここかな…。

生まれてくる明日の手は純粋そのままで…

こんな歌詞が書ける京の心の中を覗いてみたい…天才とかそんなのを京は越えているな。信者みたいだが正にボーカル京はそんな存在。今でも丸くなるどころか尖り続けて行っている。

このGLASS SKINディルにはかなり珍しくグロウル(デスボイス)シャウト、ホイッスル等を使わず悲しげなピアノ演奏から始まるボーカル京の美しい高音域が光る素晴らしい出来です。最後の最高音は圧巻の一言。この曲の音域的にはlowG#~hiF#とエゲツナイぐらい音域の広い歌。low域とhiF#ってヤバイだろ。笑

テーマは環境破壊である。DIRの曲でシャウトが無い曲なんて「かすみ」位ではないであろうか?

多彩な歌唱法で魅了する京ですが改めて彼のクリーンボイスの美しさといい声してるなと言うのを再認識させられる1曲だなぁ~と感じます☆名曲だ☆

では僕でした★

応援お願いします(^O^)
★このブログの更新通知を受け取る☆

メールアドレスを記入すれば、ブログの更新をメールで受信する事が出来ます★

☆楽天市場でお買い物☆


★パパスのカテゴリーリスト☆
☆おすすめ関連記事☆



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする