【1アクセス(PV)でも多く稼ぎたいなら…】MicrosoftのBing検索の対策も大事!ウェブマスターツールへの登録を君は済ませたか!?Internet Explorer(IE)のビングはブログの最後の切り札だ!【インターネットエクスプローラー】 - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【1アクセス(PV)でも多く稼ぎたいなら…】MicrosoftのBing検索の対策も大事!ウェブマスターツールへの登録を君は済ませたか!?Internet Explorer(IE)のビングはブログの最後の切り札だ!【インターネットエクスプローラー】

この記事は約2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は3大検索サイトの最後の切り札のお話!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.Bing(ビング)の対策も大事だなぁ〜っと改めて思った話!

GoogleとYahooは同じアルゴリズムなので、検索した時の検索順位はほぼ同じである。まぁ若干違うけどね。これはGoogleへの貢献度で変わるのか?

Bing(ビング)は、Microsoft(マイクロソフト)が提供するグーグル、ヤフー、に次ぐ3大検索エンジンであり意思決定エンジンというコンセプトを掲げている。他の検索エンジンとの差別化を図っている事も随所から伝わってくる。

しかし、このBing!僕の記事でもGoogleとYahooならオーガニック検索の時トップページな記事Bingだと3ページ目とかザラ。(笑)
おい、おい。基本的にネット界の検索エンジンのシェアって、Google65%、Yahoo30%、Bing3%ぐらいとも言われておりほぼ大部分はGoogleとYahooです。かなり間が開いてBINGなんですね。



2.アクセスが1でも多く欲しいなら見逃すな!Bingウェブマスターツール登録だけで検索順位が上がる!?

しかし、1アクセスでも多く取りたいとなるとBingも放っておけない!そう感じるのも僕の使ってるデスクトップとは違う方のノートパソコンはWindows10なのですが、標準の検索エンジンはBingです。まぁ僕はGoogle Chromeをインストールして使うのですが(笑)しかし、普通のあまりネットに詳しく無いなんて方は多分標準搭載のBingを使うだろうなぁ〜と僕は感じるわけです。僕も昔はそうでしたからね。当たり前のように買ったパソコンにインストールされているブラウザで検索するのが当たり前でした。

まぁ今ではGoogleに魂を売っていますが(笑)

そう考えるとBingも侮れない!上で言ったとおりBingのネット界のシェアは大体3%!

しかし1億の人口で考えると300万人なんです!こう書くともう対策しないわけにはいかないですよね☆

そこでおすすめなのはBingのウェブマスターツール!

Googleで言うGoogle Search Consoleみたいなもんです。

噂ではコレに登録してサイトマップ送るだけでも多少なりとも検索の順位が上がるとも言われております!これは試すしかないだろ!

やはりアクセスが行き詰ったらなりふり構っていられませんもんね(^O^)

ではまた僕でした☆