【再結成はいつだ!?】ヒカルも大好きなJanne Da Arc!伝説のバンド化しかけだけど今でも大好きなジャンヌ!yasuの歌声はやはりJanne Da Arcの曲で聞きたい件! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【再結成はいつだ!?】ヒカルも大好きなJanne Da Arc!伝説のバンド化しかけだけど今でも大好きなジャンヌ!yasuの歌声はやはりJanne Da Arcの曲で聞きたい件!

この記事は約3 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は伝説のバンドについて!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.ヒカルとJanne Da Arc好き被った(笑)

ヒカルがこの前動画の中で活動停止中のJanne Da Arc(ジャンヌダルク)が好きだと語っていた。

僕もだ!笑

僕もJanne Da Arc大好きで、Acid Black Cherryでソロで活動しているyasu(ヤス)も好きだが、やはりJanne Da Arcとしてのyasuが好きなんだ!

まぁ今までの僕の記事読んでもらったら分かるが、L’Arc~en~CielX JAPANDIR EN GREY、ですからそりゃJanne Da Arcも好きですわな(笑)AAAはかなり後から好きになっているので、青春期を謳歌したのは上の4組ですね。

Janne Da Arcはやっぱりヤスのとてもキレイな高音域…これに尽きる。ヤスはとても色気やエロさがあるんですよね。ビジュアルにも声にも表現力にも、歌詞にも(笑)

特に僕は髪をかなり伸ばしていた時期
Janne Da Arc Live2005 ~Dearly~
の時なんかが見た目的にも1番エロさを感じますね!男から見てもエロい!(笑)



2.苦労人Janne Da Arc!

Janne Da Arcは売れるのに時間の掛かったバンドです。時期的には1998年デビューですが中々売れませんでしたね。今とかなり見た目も声も違っており、デビュー当時はかなり太っており見た目的には変身後のザーボン!(笑)

そして声も信じられない事に今みたいなハイトーンクリーンボイスでは無く、かなりのしゃがれ声!ハイトーンと言えばヤスみたいなイメージがあるのにデビュー当時のあの声は知らない人からしたら中々の衝撃では!?

まぁ声自体はしゃがれていても高いのだが、キレイな声では無かったな。しゃがれ声って点ではXの頃のトシにも言える事ですね。トシもお医者さんにあなたこのままの歌唱法続けたら喉潰しますよ!と言われて、今みたいな歌い方になってる。ヤスはどうかは知らないが、結果として2人とも今のクリーンな歌い方の方が喉への負担も少ないし、万人受けもするし魅力的な声だ♪

ちょっとXの方に話がそれ掛かりましたが、まぁ変身後のザーボンの見た目と、しゃがれ声のせいもあってか、当時から曲の出来や、メンバーの演奏技術もかなり高かったのに、売れなかった、Janne Da Arc。



ずいぶん前だがカラオケで『これワンピースのエンディングやってんで!』と前置きしてJanne Da ArcのShining rayを歌ったら皆がこれJanne Da Arcやってんなぁ〜知らんかったわ!との反応(笑)当時はそんなもんですよ。

国民的人気番組のワンピースのエンディングまで歌ってたバンドで、曲も良いのになぜ売れない!?なんて思ってた頃Janne Da Arcに転機が訪れたそれが、ご存知アニメブラック・ジャックの主題歌月光花!

この曲のヒットにより2005年の大阪城ホールのLIVEに立つ事が出来た感じ。まぁ規模的には2002年にも武道館公演はやってますが、2005年のLIVEではボーカルのヤスが今までの苦労から号泣するシーンがあったりとかなり感慨深い作品。

その後は出す曲出す曲ヒットに恵まれ、まぁもともと実力も下積みもあるバンドですし、売れて当然なのですが、後に横浜アリーナ等のLIVEもありますが、下積みも長いし実力に裏付けられた自信もあるので、とても堂々としていて素晴らしいLIVEだった!



後はヤスの歌唱力の高さ!ハイトーンばかりに目が行きがちだが、声が高いだけでは無く、音程も外さないし、滑舌も非常に良く、バテないし、終盤でも声も枯れないと言うとても歌唱面でも安定したパフォーマンスを見せてくれる為安心して見ていられる☆

楽器隊のメンバーがそれぞれ非常に高い演奏技術を持ち併せているのもとても素晴らしいバンドであると言う証明でもある。

個人的に好きな曲は、桜、ICE、sister 等。

2007年当時いきなりの活動休止で色々な憶測を呼んだが、今でも再結成していない、もはや伝説のバンド化しかかっているJanne Da Arcですが、いつか再結成したらまたあのJanne Da Arcの名曲達を聴かせてほしいものですね★ではまた僕でした☆