【社会の現実…】ヒカルとDJ社長トップYouTuber2人の動画に学ぶ!社会人は会社だけにより掛かってては駄目!自分の力で稼げ! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【社会の現実…】ヒカルとDJ社長トップYouTuber2人の動画に学ぶ!社会人は会社だけにより掛かってては駄目!自分の力で稼げ!

この記事は約2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です★今回はこんな社会のお話…

1.会社だけにより掛かってては駄目!

最近のヒカルとDJ社長の動画で2人共に言ってた事は、今の会社を選んだ自分が悪いと思えと。社会人になれば全ては自己責任。

正にその通りなのですが、やはり平凡なサラリーマンである人と大金を若くして稼ぎ出す2人とでは根本的に考え方がちがいます。ブラックなその会社を選んでしまったのも全ては自己責任…

ちょっとヒドイよね(笑)
全ては自己責任論は極論なんですよ。会社の方からしたらお前がウチの会社選んで面接来たんやん!つべこべ言わずに働けと言われます。

しかし、会社の外見は分かっても中身なんて実際入社して働いてみないと分からないですよね。実際働いてみて、あぁ自分に合わない!給料が説明より少ない!めっちゃブラック企業や!なんて事はよくある話…

果たしてこんなのまで自己責任なのでしょうか!?

若くして色々な体験をして、ガムシャラに働いて社長になっている2人からすれば、嫌ならそんな会社明日にでも辞めろよ!自分に理由付けて会社のせいにして文句ばっか言うんだろ!?って感じでしょうが。

正に仰る通り(笑)しかし、実際現実はそう甘くない…



2.簡単に辞めれないリアルがそこにある…

辞めたいと思ってもそう簡単には辞めれない。辞めてすぐに他の就職が決まるかなんて分からないですよね。

今ではニートなんて良く無い響きの言葉が人を焦らせる…次の仕事決まるその間まではニートですからね。w

世の中には色々なブラック企業の形がある。

①労働時間が長く給料も安い
②労働時間は普通だが精神的なストレスが大きい
③労働時間も長く精神的なストレスも大きいが給料はいい会社

大きく分けるとこの3つ。

僕は完全に①番です。(笑)

はっきり言って会社のせいにだけして文句ばっかりで何もしないのは1番良くないです。会社は社員の文句位では変わりませんしね。やはり自分でどうにかするしか無い!

僕の場合こんな事があり↓

【社長の発言に落胆…】僕がアフィリエイトを始めようと思ったキッカケ!もはや名言(迷言)?『自分ホンマによく頑張ってるから特別に給料上げたるわ!』嬉しい悲鳴のハズが給与明細を見て自分の将来に不安を強く抱いた瞬間…やはりウチの会社の社長はクズ!
1.『自分ホンマによく頑張ってるから特別に給料上げたるわ!』 この社長の発言についての話なんですが、基本的に僕の会社では 勤...

最初この会社辞める為にどうすればいいか考えた。

ヒカルも同じような事言ってたな↓

【ヒカルと同じ経験…】トップYouTuberヒカルとブラック企業で働く自分が重なって見えた瞬間…初めてヒカルに強く共感出来た動画内でのヒカルの過去のエピソードについて!
1.ヒカルと同じ経験…ヒカルと自分が重なって見えた… ヒカルが動画の中で語っていた工場時代に昇給の感じがウチのブラック企業と重...

最初に思ったのは何か資格を取ろう!だったな。

もともとワードやエクセルや漢検の資格位しか持って無かった為何か資格を取ろうとして最初に簿記等を勉強してたな…俺は事務員にでもなりたいのか!?なんて雑念だらけで(笑)

後はワードとエクセルは持ってるからパワーポイント取ってオフィスマスターの資格欲しいなとか。まぁ途中で気付きます…

意味無いわこんなことしてても!ってね(笑)こんなことしててもこの会社辞めれる気しないと思い考え直します。

どうすればいいか…もし、当時の僕に1000万位の貯金があればすぐにでも、会社辞めてたなと思います。



仕事なんて辞めた瞬間から収入ゼロだし。貯金もっとしてれば良かったぁ〜なんて思ってもそれ程給料貰ってないのに1000万も貯金ある方が可笑しいよね?(笑)

やはりお金は大事だ!1歩踏み出す時にお金が無くて足踏みしてしまう事はよくある事。

そして僕は今アフィリエイトをしていブラック企業の仕事の合い間を縫って睡眠時間を削りながらだから大変な部分もあるが、それでも何もしないよりはましだし、必ず僕は今の会社を辞めてやると言う意志があるから!何もしないという退路は絶った。

後はアフィリエイトをやるだけだ…!

ながながとしてしまいましたが、皆さんも自分の会社のせいにするだけではなく何か行動を起こしてみましょう!きっと何かが変わるはず。今回はあくまで僕の場合でやり方は人それぞれだと思います。問題はやるかやらないかはあなた次第です★

ではまた僕でした★







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

応援お願いします(^O^)