【秋元康のセンス…】AKBグループ全てを作詞する天才作詞家秋元康!乃木坂46の歌詞の例えのセンスに脱帽… - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【秋元康のセンス…】AKBグループ全てを作詞する天才作詞家秋元康!乃木坂46の歌詞の例えのセンスに脱帽…

この記事は約2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は今乗りに乗ってる乃木坂46の作詞も担当する天才作詞家秋元康についてです☆
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

よく思いつくな…制服のマネキン!と言うその歌詞のセンス!

最近めっきり乃木坂46にハマり気味の僕なんですが(笑)推しは齋藤飛鳥なんで、ジコチューで行こう!のMVセンター最高だなぁ〜なんて思う訳ですが(笑)

まぁ今回はそんな話では無くて秋元康の歌詞センスについてです!

AKBグループの全曲の作詞を務める天才作詞家で、AKBでも数多くのセンスある歌詞を書いているハート型ウイルスとかね(笑)

乃木坂では個人的には制服のマネキンですね☆今更かよ!って感じでツッコまれそうですが、この当時AKBの事好きで乃木坂の事も知ってたけど、まさか今ここまで売れるとは誰があの当時想像した!?

秋元康だけか!さすがだよなぁ〜ここまで読んでたか…まぁ勿論メンバーの頑張りと公式ライバルと言う重圧で死にものぐるいでやって来た結果が出ているだけなんですけどね。

制服のマネキンってタイトルと歌詞ホント凄いわ。どんな頭の中ならこんな発想って出るのかなと思う…

そしてこの曲のセンターはやはり生駒里奈以外ではありえないな…

制服のマネキン

作詞 秋元康

作曲 杉山勝彦

君が何かを言いかけて 電車が過ぎる高架線

動く唇 読んでみたけど YesかNoか?

河川敷の野球場で ボールを打った金属音

黙り込んだ僕らの所へ 飛んでくればいい

一歩目を踏み出してみなけりゃ

何も始まらないよ 頭の中で 答えを出すな

恋をするのはいけないことか?

僕の両手に飛び込めよ 若過ぎる

それだけで 大人に邪魔をさせない

恋をするのはいけないことか?

君の気持ちはわかってる 感情を隠したら

制服を着たマネキンだ

冬型の気圧配置に 心が冷え込みそうだよ

自販機の缶コーヒー 君の手にあげる

卒業を待ってみたところで 何も変わらないだろう

今しかできない チョイスもあるさ

どんな自分を守ってるのか?

汚(けが)れなきものなんて 大人が求める幻想

どんな自分を守ってるのか?

僕は本気で好きなんだ その意思はどこにある?

制服を着たマネキンよ できないんじゃない

やってないだけさ 未来の扉 そこにあるのに

僕は何度も誘う 生まれ変わるのは君だ

僕にまかせろ 恋をするのはいけないことか?

僕の両手に飛び込めよ 若過ぎる

それだけで 大人に邪魔をさせない

恋をするのはいけないことか?

君の気持ちはわかってる 感情を隠したら

制服を着たマネキンだ

制服を着たマネキンだ

これが天才の力か…歌詞だけ読んでも鳥肌ものだ…

ではまた僕でした☆







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

応援お願いします(^O^)