【AAAのターニングポイント…】AAAの6人体制も見慣れて馴染んで来た今思う伊藤千晃脱退当時の衝撃について千晃推しだった僕が語る! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【AAAのターニングポイント…】AAAの6人体制も見慣れて馴染んで来た今思う伊藤千晃脱退当時の衝撃について千晃推しだった僕が語る!

この記事は約3 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です★今回はAAAの7人時代伊藤千晃脱退当時の衝撃についてです…

6人体制も馴染んで来た今思う伊藤千晃脱退当時の衝撃!

早いもので2017年の千晃の脱退からもう1年半が経過している。個人的にはAAAは千晃推しでずっと来て脱退当時はそりゃショックでご飯しか喉を通らない状態でしたね(笑)

まぁ冗談言ってますがまぁショックで受け入れられなっかたな千晃無しのAAAは…。やはりその後の6人体制のLIVEでも違和感ありありだったしMCで宇野ちゃん一人のAAAはあまりにも寂しいものがあった。

AAAと言えば結成当時は8人体制!もはや知らない人も多いであろう女子メンバーには後藤友香里がいる。

AAAは2005年デビューで彼女は2007年に脱退とわずか2年しかグループに在籍していない。この辺は不仲など色々諸説あるが。男女混合のグループなら当たり前な気もする。

後藤脱退後は7人体制となり一般的にも見慣れたAAAの体制となる。

ここからAAAはスターダムへ駆け上がる。ももクロなどでも言える事だがなぜかメンバー脱退後からグループ人気にエンジンがかかることがよくある。別にそのメンバーがいたせいでも何でもないのだが。

2007年!ここから仲良しグループAAAとしての認知が始まる。
そして10年後の2017年に2人目の脱退メンバー伊藤 千晃が出る。彼女の脱退理由は30歳の女性なら当たり前の仕方無い理由で結婚・妊娠である。

そして6人体制のAAAが始まり今に至るのである…

そして6人体制での初のアルバムも発売される。AAAは進み続ける。後ろを振り返るにはまだ早い。それを今回のアルバムで教えてくれるのだろうか!?

ではまた僕でした★