【これぞ企業努力!】チョコモナカジャンボのパリパリに隠された超1流企業の陰の努力について!日本気象協会が提供する気象情報を駆使してヘニャヘニャの状態では消費者には届けない! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【これぞ企業努力!】チョコモナカジャンボのパリパリに隠された超1流企業の陰の努力について!日本気象協会が提供する気象情報を駆使してヘニャヘニャの状態では消費者には届けない!

この記事は約2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はマジでなるほどと思った企業の陰の努力についてです!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

なるほど!そういう事か!
森永製菓のチョコモナカジャンボのパリパリに隠された企業の圧倒的な戦略とは!?

チョコモナカジャンボは、アイスクリームの間に板チョコを挟み、モナカで包んだ森永製菓の定番商品。年間1億8000万個を売り上げる超人気商品で僕もよく食べる☆

なんとこのチョコモナカジャンボ日本気象協会が提供する気象情報で需要を先読みしこのチョコモナカジャンボの売り上げをを支えていると言う。

…なるほどと思ったのが確かにモナカの皮はアイスを覆う商品の形になってから一定期間が経過するとアイスの水分を吸収してしまい、せっかくのパリパリ感が損なわれる。

このため、森永製菓は製造から消費者の手元に届くまで2週間以内を目指し、「手持ちの在庫を極端に少なくして運用している」

このニュースをみて思ったのがあぁそういう事か!です。
どういう事か?
僕が疑問に思っていたことがずばりだったからです。

僕はよく家の近くにある万代というスーパーに行きますが、そこでこの商品のチョコモナカジャンボを買いますがパリパリの時もあればシナシナの時もあるのです。

つまりシナシナの時は恐らく気象情報の予想ができていなかったかで2週間以上経過しているのだろう。

パリパリとシナシナではまったく味が違う。これは森永製菓からすれば死活問題であり、消費者をガッカリされるばかりでなくこの商品の本来の味で消費者に届けれていないからだ。

もしシナシナが続けば僕も買うのを止めるだろう。だから森永製菓は常に売り上げを気象情報から予測しパリパリで消費者に届ける努力を続けるだろう。これが企業努力の賜物だ。素晴らしいの一言に尽きる。これが超1流企業森永製菓だ!

今回はつまらない内容のようですがやはり企業の努力は凄いと本当に思った事で今回はマジでなるほどなぁ~と感じたので今回書いてみました☆

最後までお付き合い頂きありがとうございました!ではまた僕でした☆

&n

bsp;