【昭和の天才松山千春!】最近の松山千春のクセのすごさ!加齢と共に訪れる声量の低下から来るミックスボイスへの切り替え傾向について! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【昭和の天才松山千春!】最近の松山千春のクセのすごさ!加齢と共に訪れる声量の低下から来るミックスボイスへの切り替え傾向について!

この記事は約1 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は天才松山千春について!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

クセがすごい!最近の松山千春の歌い方について!

最近といかかなり前からですが、松山千春って歌いかたのクセがすごくないですか?

前のもんたよしのり見た時のテレビ番組と同じですが昔の松山千春の歌唱法はマジでやばい。彼はよく歌番組などで自分は天才だと公言していますが、まさに天才的な歌唱力です当時は。

本当に圧倒されます。圧倒的声量と、緩急や強弱の付け方、包み込むようなビブラート、これが一番ごいと思いますが地声ながらスコーンと伸びるきれいな高音域。圧巻だ。

昔の人はほとんど今の歌手みたいにミックスボイスは使わないので、地声のため声量がすごい。松山千春はまさにその典型というべき歌唱法。しかし神がかかってたなあの頃は。

それに比べると今は加齢と共にミックスボイスに変わってるのかな?鼻に掛けた声で昔ほ

どの爆発力のある高音域はない。

僕世代はもはやこの歌い方で聞きなれているから、昔の映像には圧倒される。あぁやっぱ天才だって。

今の子はただのスキンヘッドで強面で変な歌い方のおもしろいバラエティー歌手なんて思ってる子も多いかも。でもやはり彼は天才だ。それを知らないのは非常に音楽的にももったいないきがするなぁ~なんて昔の映像をみる度に思う僕でした☆