【馬鹿な会社ほどアナログ】デジタルには着いて行けない!?効率の悪さに永遠に気付けず時代に取り残されているうちの会社の経営者… - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【馬鹿な会社ほどアナログ】デジタルには着いて行けない!?効率の悪さに永遠に気付けず時代に取り残されているうちの会社の経営者…

この記事は約1 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は僕の会社のアナログさについて…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

馬鹿な会社ほどアナログ。

僕は会社でネットショッピングの運営もしていますがその時の発送の送り状が手書きとかね…w

何百件注文があろうと手書きで住所から、名前、電話番号、商品名から全て手書きなど基本的に効率も悪く超アナログである。

僕的にはすぐにでも送り状も印刷に変えたりどんどんデジタルに買えていきたいのだが、僕個人の意思だけでは決めれない。社長が動いてくれないとね。

システムから全部変えればもちろん費用かかりますしね。基本的にアナログな会社ってアナログなことに気付いてないのです。

どういうことか例えば上の送り状を例にとれば、ネットの発送件数が多ければ社長や事務員の人も僕1人では到底書ききれない送り状を書くのを手伝ってくれます。これですね。ここに問題があります。

送り状を書くのを手伝うんじゃなくて書くのを止めて印刷に出来るようにしなきゃいけないのです。うちのアナログ社長とかはこれで書くの手伝ってやった!というので満足してしまいます。それじゃダメなんです。

それがアナログで効率が悪いということには気付きません。永遠に。つまり永遠にアナログなままなのです。その事に気付かない限り。俺が手伝ったから少しぐらい楽できたやろ?ってなもんでしょうが違います。手書きから印刷にすればもっと楽だし、件数も捌けるし効率も格段にいいのです。何もわかっていないのです。

本当に従業員の負担の事を考えるなら、アナログな人間がデジタルについてきて貰うしかないですよね。

まぁうちは無理だなwではまた僕でした☆