【高音域~低音域まで自由自在!】音域の広い日本の男性アーティスト達♪とにかく高いところから低いところまでよく声の出るバンドのボーカル歌手達をご紹介☆ - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【高音域~低音域まで自由自在!】音域の広い日本の男性アーティスト達♪とにかく高いところから低いところまでよく声の出るバンドのボーカル歌手達をご紹介☆

この記事は約3 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は日本のアーティストで音域の広い歌手達をご紹介★
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~誰なんだろう?

DIR EN GREY 京

彼は広い音域を持っているの代名詞的存在のもはや世界的モンスターバンドのボーカリストだ。

突発性難聴で方耳の聴力を失いながらも今でも叫び続ける姿は同じ男として胸を打たれる。彼の特徴はやはり日本の国内のメジャー圏のアーティストではほぼ使わない(使えない)ホイッスルボイスを使う(多用した)歌唱法ですね。

ホイッスル以外でもミックスボイスでもhihi域を出す化け物ぶり。low域からhihihi域まで出すアーティストは彼ぐらいではないだろうか。他にもガテラル域も加えると彼は計測不能だ。

L’Arc〜en〜Cie HYDE

彼の音域もまた広い。彼は低音がかなり低いところまで出るので結果的に音域はかなり広い。低音に関しては持って生まれた才能と素材以外では鍛える事の難しい部分である。

逆に高音は鍛えればかなり出るようにはなるが。彼は確かlowCぐらいまでの低音が出ていたはずなのでここまで上から下まで声が出て色気がある歌声を持つのは彼ぐらいではないだろうか。

高音域にしても昔より出るようになっている上に近年では安定感がさらに増している。ここまで加齢と共に歌唱力の上がっている歌手は稀。

GLAY TERU

彼も独特の擦れた色気のある声を持っているアーティストである。彼もまたハイドと同じく低音から高温までかなり音域が広い!

低音に関してはハイドの方が低いかも知れないが高音域的にはテルの方が上である。そしてこの2人に共通するのがミックスボイス。そしてハイドもだが、TERUのミックスボイスに関しては完璧すぎてもはや切り替えの瞬間も分からない完全なミックスボイスの使い手!X JAPANのENDLESS RAINを原曲でカバー出来るぐらいである。

摩天楼オペラ 苑

彼はかなり高い声の方に寄ってはいますが、低い声も出ます。ここで入れなかったX JAPANのToshlと比較しても低い声では苑の方が出ますね。

彼はXの「紅」をカバーしたりしているが喉を閉めたりせずに紅をミックスボイスで歌える彼の高音はえげつない。それでいて低音も出るのはやっぱり凄いな…

強弱もつけれるためかなり音域は広くなる。最高音にしてもこの中でもDIRの京を除けば間違いなく1番だろう。hiEぐらいかな?

B’z 稲葉 浩志

彼も日本を代表するロッカーですよね☆声が高いと言えばまず名前が上がるのではないでしょうか?

しかし彼の昔の歌い方をみれば一目瞭然ですが低くて太い歌声ですよね意外と。そうです彼もまた弛まぬ努力により今のハイトーンボイスを手に入れているのです。まぁミックスボイスですね。

今はかなりのファルセットよりのミックスボイスですが、もはやこれは彼の代名詞ですね。低い声も実はlow域から出るのです。日本が誇る代表する音域の広いアーティストである☆

いかがでしたか?今回は音域の広い男性アーティストをご紹介しました☆

ではまた僕でした☆