【アナログ太郎すぎ!?】仕事での効率という言葉の意味を履き違えるな!だから仕事の効率が悪いんだよウチの会社!の典型を地で行く会社…今でも印刷より手書きなの? - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【アナログ太郎すぎ!?】仕事での効率という言葉の意味を履き違えるな!だから仕事の効率が悪いんだよウチの会社!の典型を地で行く会社…今でも印刷より手書きなの?

この記事は約 1 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は会社での仕事の効率について!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

効率という言葉の意味を履き違えるな!

僕の会社でよくあったりするのがお中元やお歳暮の熨斗を印刷でするのか手書きでするのか?みたいなのですね。

熨斗のソフトなんてインストールされていないパソコンでワード使って熨斗のテンプレート作成する場合やはり文字数によっても位置や文字の大きさの調整が必要ですよね。

文字数が大きかったりすればちゃんと収まるように調整する場合もはや手書きした方が早い場合のほうが多いのでよく手書きしますが、たまに社長とかからも「この人の熨斗作ってくれへんか?」とかの依頼が僕にあります。それが少し長くかかったり何行もあるやつだった場合時間がかかると「えらい時間かかるな!もう手書きでいくわ!」となります。

しかしこれが違うのだ。
パソコンなら一度テンプレートで作ってしまえばずっと1発で呼び出して使えるし2回目からは手書きよりも確実に早くなるし、正確だ。その上誰でも出来る。正味手書きで熨斗を書くのはある程度字が書ける奴じゃないとあまりにも汚い字で書かれるとお客様からクレームが出る可能性も高い。

ワードで印刷すればそれもなく常に同じクオリティーで誰でも同じ字で印刷できるし時間的にも早いのだ。ある意味普通の会社なら当たり前のことである。 じゃないとマニュアル化できないしね。皆が皆字が綺麗だったり習字が出来るわけじゃないし、それなら入ったバイト全員に字の書き方でも教えるのか!?となってきます。

今の時代は全部印刷でいいんです。折角パソコンあるんだし、後々のことまで考えれば2回目からは印刷の方が早いんだから…

まぁうちみいな小さいアナログ太郎みたいな会社じゃ永遠に無理か!?w

ではまた僕でした☆

応援お願いします(^O^)
★このブログの更新通知を受け取る☆

メールアドレスを記入すれば、ブログの更新をメールで受信する事が出来ます★

☆楽天市場でお買い物☆


★パパスのカテゴリーリスト☆
☆おすすめ関連記事☆



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 松千代 より:

    こんにちは。

    松千代です。
    「うん、うん」その通りだと思いながら、読まさせていただきました。
    アナログ会社では、、難しいかもしれませんね。
    この時期ですと、年賀状がそれにあたりますよね。
    一度、データ化してしまえば、翌年からは時間が有効利用できました。

    また、訪問させていただきます。