【 現実主義者の選んだ道…】大塚愛過去の輝き無くRIP SLYMEのSUとやはり離婚。元旦那SUは江夏詩織と不倫略奪愛で泥沼化で自業自得の活動休止へ…実はリアリストの大塚愛からの三行半か!? - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【 現実主義者の選んだ道…】大塚愛過去の輝き無くRIP SLYMEのSUとやはり離婚。元旦那SUは江夏詩織と不倫略奪愛で泥沼化で自業自得の活動休止へ…実はリアリストの大塚愛からの三行半か!?

この記事は約 2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はRIP SLYMEのSUと離婚した大塚愛について…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.大塚愛過去の輝きなくRIP SLYMEのSUとやはり離婚。

大塚愛といえば「さくらんぼ」や花より男子の主題歌「プラネタリウム」などのヒット曲を持ち当時はかなり勢いもありavexの中でもかなりの稼ぎ頭であった。

僕も当時大塚愛かなり好きでDVDもかなり持っていた。

可愛らしく個性的な曲が多く「石川大阪友好条約」などタイトルからして謎の曲や「ポンポン」などほとんど歌詞がポンポンしか言わないものなどかなり個性的である。僕は「pretty voice」などが好きだったな☆歌詞も声も曲も可愛くて。

メロディーもキャッチーな物が多く、歌詞も覚えやすく印象的。歌唱力そのものは決して高いとまでは言えなかったが可愛らしい声とちりめん系のビブラートなど音域ははそこまで広くない。高い所は喉を閉めていた印象。まぁ可愛らしい口角を上げた歌い方ではあったなポップな曲は。

まぁ歌い方とかはどうでもいいか。そして今回の離婚ですが、大塚愛自体がかなりの現実主義者だからではないのかと個人的には思う。

2.作られたイメージに苦しんだ大塚愛のリアリストな素顔…

皆さんの大塚愛さんのイメージって、明るい、可愛い、大阪だしよく喋る子みたいな印象でしょうか?実際は違いますね。

彼女はかなりのリアリストで悪い言い方をするとかなり冷めています。テレビやLIVE等ではその冷静さなどが出ており、さくらんぼで出て来たからそのイメージで行け!とでも事務所からは言われていたのでしょう。

その後もHappy Days、SMILY、など明るい路線が目立った。しかし彼女のデビュー曲はさくらんぼではない。桃ノ花ビラだ。2曲目がさくらんぼでかなり印象が違うよね。これが当たってしまったためにその路線になってしまったわけですね。まぁ無理はしていたでしょう。w

テレビなどでも途中から現実主義者な面も出てきており、ある意味真面目なのだろう。真剣に夫婦としての今後(不倫発覚後)のあり方とお子さんもいる訳ですし、今後の子供のこともリアルに考えての現実的な判断だろう今回の離婚は。今回の件は100%でSUが悪いわけで弁面の余地もないだろう。

まぁ個人的に思うのが今の大塚愛って申し訳ないけど昔の輝きの5%もないなと感じる。昔は輝いていた。結婚したからどうとかではないかな。やはり作られた大塚愛が僕は好きだったんだろうな。w

もう一度作り直して欲しいぐらいだ。それならまた応援もしたいな☆w

離婚を機に昔の大塚愛にもう一度逢えるか!?笑

ではまた僕でした☆

応援お願いします(^O^)
★このブログの更新通知を受け取る☆

メールアドレスを記入すれば、ブログの更新をメールで受信する事が出来ます★

☆楽天市場でお買い物☆


★パパスのカテゴリーリスト☆
☆おすすめ関連記事☆



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする