【深刻な原酒不足…】酒屋社員が語る昨今のウイスキーブームについて!日本のウイスキーの父である竹鶴政孝をフォーカスした連続テレビ小説「マッサン」から始まったウイスキーのバズに喝! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【深刻な原酒不足…】酒屋社員が語る昨今のウイスキーブームについて!日本のウイスキーの父である竹鶴政孝をフォーカスした連続テレビ小説「マッサン」から始まったウイスキーのバズに喝!

この記事は約 2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は昨今のウイスキーブームについてブラック企業の酒屋の社員である僕が思うことや現実についてです…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.昨今のウイスキーブームで人気商品達はどんどん販売終了へ…

特にヴィンテージ入りの商品例えば「響17年」や「白州12年」なども次々に販売終了の現状である。

ウイスキーなどは売れ過ぎても生産が追いつかないのが現状である。製法上熟成期間が必要になるウイスキーはビールやチューハイの用にどんどん作れるものではない。
時間だけは買うことは出来ないのだ。いくらお金を出しても。

最近はハイボールやウイスキーブームであるが。それにより、商品の品質は下がっていると感じる。ヴィンテージがあればブレンドでも12年物ならそれ以下の年代の物は入れれない。つまりヴィンテージを無くしてしまえば早期熟成の物もブレンドできるというわけだ。そして値段だけは上がり続け中身のクオリティーは下がる。要は負のループだな。

昨今では原酒不足が深刻化して来ているのだ。キリンビールの人気商品である富士山麓も『限りある原酒(ウイスキー)を最大限に生かす」とキリンビールが発表し販売終了。原酒のストックを増やすために蒸留所への投資も検討中だそうだ。

2.「マッサン」が与えたウイスキーブームの酒屋の弊害…

昨今のウイスキーブーム。要はニッカウヰスキーの創業者である日本のウイスキーの父とも呼ばれる竹鶴政孝をフォーカスした連続テレビ小説「マッサン」の影響な訳だが。これにより今までウイスキーに親しみのなかった層にもウイスキーの良さが広まり爆発的なブームである。

これにより酒屋さん的にも利益率のあるウイスキーが売れるんだから売り上げ的にも利益的にもおいしいのか?と思われがちだが実際そうでもない。それをこれから説明していく…

と言うのも今市場からは消えているような商品、つまり響17年や21年、山崎12年や18年も物自体はガメてるだけで店の倉庫に隠してるいるような状態だからだ。でもこれらの商品って実店舗で見なくてもネットでは販売されてますよね?

そうなんです!要はネットで高く売る為にガメて店では出し渋っている訳です。店舗ではネットみたいな価格は常識的にも付ける事は出来ません。定価でしか売る事は出来ないのです。しかしネットなら3倍ぐらいの値段を付けれとんでも無い暴利を得る事が出来ます。そしてその値段でも売れます。

じゃあやっぱり儲かるやん!ってなりますが、儲かる儲からないの話では無くて、コレってお客さんへの裏切り行為なんですよねつまり。

今回のウイスキーブームよりずっと以前から山崎12年や響17年を買われていたお客様ももちろんいらっしゃります。そんな人達からすれば昨今のウイスキーブームなんてちゃんちゃらおかしい訳です。

何故なら市場からは自分がずっと飲んでた商品は消え、値段はネットはさて置き市場価格でも以前の倍。ヴィンテージものは年号が外れクオリティーダウン。結果色々な店を探し回るか高い値段でも我慢してネットで買うかのどちらかしかありません。

やはり僕たちも商売です。そして酒屋自体が今や景気は最悪です。店に来たお客さんには「すいませ〜ん商品全然入って来なくて無いんですよぉ〜」なんて営業スマイルで追い返すしかない訳です。それが上の命令ですからね。もはや山崎とか響買いに来たお客さんを追い返すのが仕事になりつつあるのだ(笑)

「店には並べるな!」「ネットでチマチマ出せ!」今の時代の現状を考えれば致し方無しなのかも知れませんがやはり気持ちの良いものではありませんね。

結局新規のウイスキーユーザーが増え売れ過ぎた事により今までずっとウイスキーが好きで飲んでくれていたお客さんの分は無くなり、更には値上げ。昔からウイスキー飲んでる人はやっぱり怒ってますよ。

「若い奴がハイボールハイボールってウイスキーはロックじゃ!そんな味も分からん奴に飲ますウイスキーなんてないねん!」とね。まぁその通りかな。

ウイスキーの良さが広まるのはいい事ではあるんですが、難しい問題ですよね。数に限りがありますし、ウイスキーのように熟成期間のいる物って大量生産出来ないですから。それが良さでもあり、難点でもある。

3.Time is money(タイム イズ マネー)正に時間だけはお金で買えない…

そう時間だけはお金でも買えない。だからお金持ってる人は高くても無いなら買うし、山崎の50年物なんかが2011年にサントリーから数量限定150本を1本100万円で発売したが出た時は一瞬で完売。

それが今年の香港にて開催されたワインオークションで3,250万円になったとか前にニュースであったな。お金ある人は糸目を付けないだろう美味いもの手に入らないものには。

しかしいくらお金があっても原酒が無くなれば作る事が出来無い訳でもちろん買う事も出来無い。いくら金があっても商品が無くなることを止めれないのだ。出来るのは買占めまでである。

やっぱり僕的なイメージは渋いお父様が飲んでるのがカッコイイ!っていうイメージだなぁウイスキーって。ウイスキーはやっぱり男のロマン。

上の話に戻るが実際、山崎、白州、響、余市、竹鶴等が店頭から消え棚は歯抜けでガラガラである。そこに有名じゃない国産ウイスキーを放り込んでももちろん売れもしない。1回買って行く人は居てもリピートはない。

上で言った売上的な所も前みたい普通に棚に並んでて1週間で10本売れるか、ネットに出品して1週間に1本売るかと言ったものなのである。別にウイスキー需要増えてもこれを言えば売上なんて上がるどころか下がってるよ!って事が分かってもらえると思う。だって売るものがないんだから。

確かに一度でも山崎なんかを飲むとブラックニッカにはもう戻れないわ。悪酔いするだけ。安いウイスキーなんて。でも普段飲みに出来る値段じゃ無ければもはや物も無いのだ。

少し長くなりましたがこれが今のウイスキーと酒屋の現状かなぁ~。酒屋の社員である僕の意見ではあるがズレてはいないはず。まぁ僕の会社もそうだが今の酒屋って業種基本ブラック企業になりがちだからその辺を何とか少しでも改善させれたらなぁと願う僕でした!

長々した酒屋社員のつまらないブログに最後までお付き合い頂きありがとうございました☆ではまた僕でした☆

応援お願いします(^O^)
★このブログの更新通知を受け取る☆

メールアドレスを記入すれば、ブログの更新をメールで受信する事が出来ます★

☆楽天市場でお買い物☆


★パパスのカテゴリーリスト☆
☆おすすめ関連記事☆



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする