【信じられないクレームの電話…】もはやキチガイ?ネットショップWowma!(ワウマ)の客から掛かって来たとんでもない勘違いのクレーム電話にストレス大爆発な件! - 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記

【信じられないクレームの電話…】もはやキチガイ?ネットショップWowma!(ワウマ)の客から掛かって来たとんでもない勘違いのクレーム電話にストレス大爆発な件!

この記事は約 2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はこんなありえないキレ方を仕事のネットショッピングでされたお話…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.ネットショッピングでのクレームの電話…

僕は会社でネットショッピングをWowma!という所で運営してますが、そこでのとんでもない客からの言われよう、まぁクレームについてです。

これはあまりにも僕もストレスが溜まったのでブログに書いて少しでも吐き出そうと今書いております。w

2.そんなキレ方が本当にあるのか!?ありえない客からのクレームの電話。

ネットショッピングは今や世の中には欠かせないものになりましたね。スマホの普及によりネット自体が昔よりも身近になったことが要因ですが。

うちの会社も実店舗の売上げは年々落ちていく一方ですがネット部門の方は逆に上がっていく一方で対処と処理に追われる大変な日々な訳ですが、やはりネット!顔が見えないのと対面での接客じゃないので誠意も伝えにくいですねメールや電話だけでは。注文の増加とともにクレームも増える一方です。

うちみたいなバイトは沢山いるのに社員は少なく社員を雇う余裕のないブラック企業は、年々なんなら日々増え続ける注文を掃く力ありません。バイトに頼るしかないのですから。

バイトに任せれば当然ミスが出ます。バイトが遊び半分で梱包しているような会社なんですからまぁ当然ですよねw

種類間違いや大きさ間違いなどミスの種類は様々です。

僕も毎日のように掛かって来る送られてくる間違いの電話やメールで怒られるのにも嫌味を言われるのにも慣れてしまいました。

人間どんな環境にもいずれは慣れるといったところか。

もはや謝りすぎて慣れっこになってしま「すいません」や「ごめんなさい」にも力はない。つまり心がこもってないのです。もはや大抵の事は言われても右から左です。まぁいいことではないと思いますがそれぐらいじゃないと精神がもたないですマジで。w

そして先日こんな電話が掛かってきた…

電話に出ると僕がでた瞬間からお客さんの怒りはMAXだ。

客「おーい!いきなりお前のとこなんやねん!こんな頼みもしてないもん送ってきやがって!詐欺か!?」

とどえらい剣幕だ。思わず耳から電話を遠ざけた僕。

最初電話に出たときは僕も上で書いたようにサイズか種類が間違えていたのかな?といつものように思っていたが、話を聞いているどうやら違うみたいだ…注文その物をその客はしていないと言うのだ。

しかしパソコンで検索にかけると確かに注文は貰っていて問い合わせ番号で確認しても商品も発送済みだ。住所も名前も口頭で確かめたが間違いはなかった。

僕も意味が分からず…

酒に酔って注文したのに忘れてるだけじゃないのか?

アル中なのか?

ボケてるのか?

などが色々頭をよぎりまごまごしていると、更にヒートアップしてさらに畳み掛けられる…

客「もうお前ラチあかんな!もう警察電話しよか!いやお前が大阪府警に電話しろ!」

と言うのだ。もはや無茶苦茶である。

僕「いや警察に連絡しても意味ないと思うんですけど、確かに注文は頂いてますし。」

客「だからしてないんや!」

とまたぶち切れ!

こんなやり取りが20分ほど続き、ケータイ決済でお金をすでにいただいている事も説明。先払いで当然だが。一時期は後払いも導入していたが問題が多すぎて止めた↓

【後払い(ツケ払い)禁止令!】ZOZOTOWN(ゾゾタウン)のツケ払い(GMO後払い)、ネットプロテクションのNP後払い等若者は料金後払いは悪い事は言わないから使うな!
1.現代の料金後払いの流れについて… 今ネットショッピングなどの普及により浸透して来ているのが、後払い。 ZOZOTOWN...

もうお金ももらっている事を伝えるとさらに更にヒートアップし…

客「はぁ!?誰からもらったんや?やっぱり詐欺やんけ!」

とまたなる。まぁこの疑心暗鬼の状態なら当然か。w

客「そのお前が注文したって言う偽者の俺はどうやって支払いしてるや!?銀行振り込みか!?俺は振込みも何もしてない!まさか口座から引き落としてんちゃうやろな!それこそ詐欺やぞ!訴えたる!」

そして僕がここで言います。

僕「いえ支払いはau簡単決済で頂いていますと。」

ここでついに話が少し動く…

客「ケータイ決済そんなん知らんぞ!俺は使ったことない!早く警察よ…べ…?」

客「ん!?au!?」

客「ちょっと息子に聞いて見るわ!!」

ガシャ!プープープー。

ここで電話は一方的に向こうから切られてしまった。

……は!?こんな事ってある!?

要は息子が自分の名前勝手に言わずに使って注文してただけだった。未成年なんかどうかとかもはやどうでもいいけど、とりあえず俺に謝まって貰っていいか!?

この後その客から電話が掛かってくる事は2度となかった。やはり息子の仕業だったのだろう。

おい!ふざけるな!20分近くボロクソ言いやがって、僕の時間を返してくれ!一体どんだけストレス溜まると思ってるんだ!

もちろん当然コイツはウチの店のお断りには登録したがその怒られた時間は戻らない。その怒られた僕のストレスももはや永遠になくならないだろう。こんな事一生忘れられないわw

ふぅ。ここまでの件は流石に滅多には無いがネットショッピングでの一番の辛さと大変なのはクレーム処理であると感じた可愛そうな僕でした☆苦笑

ではまた☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★このブログの更新通知を受け取る☆

メールアドレスを記入すれば、ブログの更新をメールで受信する事が出来ます★