【これぞ正に悪循環!】サービス業の会社がブラック企業になる鉄板的理由とは!?薄利多売が生む自転車操業の実態!

家電凡人パパス
どうも僕です★今回はサービス業の現状について…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?



1.サービス業の会社がブラック企業になる鉄板的理由とは!?

やはり薄利多売による利益の無さ…もぅコレに尽きます!ウチの会社は。

ウチの会社なんかは自転車操業の為とにかく薄利多売でも物を売って現金を回さないと、ハッキリ言ってすぐ潰れます(笑)いやマジで!

仕入れするお金無いんだから当たり前ですよね。ウチの会社は酒屋ですが、もはや同業者の方なら言わずもがなですが、この業種の今の現状は最悪です。

話すと長くなり過ぎるので今回は簡潔に行きますが、ようは利益率が薄すぎるのです。5%〜10%ぐらいでしょうかウチの会社なら。

つまり1000万売上があっても50万〜100万円位の利益しか無いと言う事です。

どうですか!?そりゃブラックになるでしょう(笑)そこから家賃、人件費、経費等が諸々引かれたらそれこそ会社に残るお金なんて、たかが知れています。そんな中から人を増やそうか、ボーナスを出そうかなんてなる訳ないのです。



説明聞くとコレはもはや当たり前ですよね。商品によっては5000円ぐらいで1ケース売って、100円ぐらいしか利益無い商品とかもありますからね…なんの意味がもはやあるんだ…って感じ。

まぁコレが酒屋さんの現状って感じですね!昔みたいな独占型の業種ではもうとうに無いし、自由化してからは大手のスーパーなんかにお客さん持っていかれる一方ですから。

酒屋さんでブラック企業じゃないとこあるのかな?って感じですよ僕が思うのは(笑)

酒屋と言う業種は等の昔にもはや終った業種です。それを諦めずに社員の給料とボーナス削って、商品の値段下げてなんとかやって来たのが今です!…余計なお世話だわ!ブラック企業すぎるぞ!(笑)

まぁそれでも上手く方向転換して売り上げ伸ばしている会社もありますからね、最後は上の人間(社長)の手腕次第と言ったところか!?ではまた僕でした☆