【女は怖い…!?】これが社会と店の上に立つ人間の厳しさか!?女の怖さとリークの怖さを思い知った会社での店長時代の経験について…

この記事は約 2 分で読めます ♪
家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はこんな過去の実体験のお話…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?
激しい怒り
これは怒りと恐怖のブログだ…

リークと女の怖さと怖さについての実体験…

僕は数年前まで若くして今勤めている会社の支店の店長であった。店長としてはかなり若い方ではあったが社長から店を任され店長となった。

自分なりには一生懸命店の事も(売上げや在庫の量)なども考え頑張っていたつもりであった。

約3年間であったがその中で一番感じたことは…上に立つ難しさ?いや違うなリークの怖さだったな。

要は僕の事をよく思わない奴(バイト・パート)は僕をその座から落としにくるのだ。

それが僕よりも2回り以上も年上のオバサンのパートだったな。

僕が一瞬でもサボっていると社長にすぐLINEで連絡といった感じだな。うちの会社なんて大した大きな会社でもないし社長も、威厳やオーラもないような社長なので、バイト達でも社長の連絡先やLINEを知っているぐらいだ。これが問題だったな。

要は例を出すなら畑仕事をしていて「あ〜疲れた!一息つこう!」として座った瞬間に後ろから蹴られて肥溜めに蹴り落とされるような感覚ですかね。w

自分で書いてても腹立って来るな。笑

でも思うわけですよ、僕は一応一通り全て店の仕事も出来て仕事も早い方だと思うのです。

要はその肥溜めに蹴り落として来たバイトのお前ごときの仕事量の奴が自分の事を棚に上げて人がサボってる!なんて言う事自体がはなからオカシイんですよね。

人に注意する、人を馬鹿にする、どちらにしても自分が一番出来ていないと言えないし、バカにも出来ないと僕なんかは思いますね。

僕を落とそうとしたオバサンだって、自分の中で決めた枠線の中でしか仕事して無いんだから。

狭い世界の中で、私仕事出来るっしょ!みたいな感じだな。全然僕と仕事の囲ってる枠線の円の大きさが違うんだよ!って僕は思いますし、説得力ないしね、そんな奴の言う事。

でもそういう奴に限って外面だけはよくて、社長なんかからもバイトやパートながら割と信頼されてたりする。だから味方になって一緒に社長までも落としに来たりするんです。いやいやお前だけは俺の味方しろよ!なんて思いますよねそりゃ。w

でもこれって何が怖いって今だから分かってる事で当時はリークされてる事を僕は知らなかったんですよね。

当時なんで社長こんなタイミングで店に来たんだろう?とか。

なんでこんな事知ってんだろ?とか。

なんで社長そんな言い方して来るんだろう?とか。

こういうのってその時はふわふわしてるだけで分からず、後で別のバイトの奴の逆リークで初めて分かるんです。「店長!あのパートおばちゃんの人店長の事こんな風に社長にLINEや電話でリークしてるみたいですよ!」とかで僕は初めて知るのです。

あぁ~あの時の社長のタイミングとかはそういう事か。ってね。頭の中のピースがはまった感じでしたね。全部お前だったんだなって。

僕は思いました。女は怖いってこういう意味かって。そして何よりリークは怖いなって思った。本当に大変だったがある意味人間として成長出来たというかとてもいい社会勉強にはなったなと思った当時の僕でした。

今はあまりのストレスで店長業は降りて本店で働いてますが。

最後に女とリークほど怖いものは他にない!

最後は山口真帆さんの話と全然関係の無い話で失礼致しましたm(__)m最後までお付き合い頂ありがとうございました!ではまた僕でした★

☆アンケート投票受付中☆