スポーツ・格闘技

【木村"フィリップ"ミノルにドーピング疑惑?】体が小さくなって筋肉が落ちてなくなってもはや別人?パンチ力やスピードも落ちた。城戸康裕からも指摘されてた?K-1引退でラストマッチ和島大海にまさかのKO負け!

木村"フィリップ"ミノルとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

木村”フィリップ”ミノル(@philip_kimura)がシェアした投稿


ポイント

リング名 木村"フィリップ"ミノル
本名 ミノル・フィリップ・キムラ
通称 人間鈍器、戦慄のブラジリアンフック、KO KING、KOアーティスト
階級 スーパーライト級→ウェルター級→スーパーウェルター級
身長 172cm
体重 70kg
国籍 ブラジル
両親 母 日系ブラジル人、父 イタリア系ブラジル人
誕生日 1993年9月9日(27歳)
出身地 パラナ州クリチバ
スタイル キックボクシング
妻 松本メイ(元セクシー女優)
YouTubeチャンネル 木村フィリップミノルchannel

木村"フィリップ"ミノルの戦歴や獲得タイトル

戦歴

総試合数 47
勝ち 36
KO勝ち 29
敗け 10
引き分け 1
無効試合 0

主な獲得タイトル


2011年MA日本ライト級新人王
2011年K-1甲子園東日本優勝
第6代KRUSHウェルター級王者
第3代K-1 WORLD GPスーパーウェルター級王座

木村"フィリップ"ミノルのステロイドドーピング疑惑

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

木村”フィリップ”ミノル(@philip_kimura)がシェアした投稿

 

 

完全に黒か?木村"フィリップ"ミノルのステロイド疑惑。 痩せすぎ。身体小さくなりすぎ。

前までは70kgのスーパーウェルター級とは思えないほどパンパンに張った筋肉の鎧を纏っていた。

その豪腕から繰り出される破壊力満点のパンチはガードの上からでもダメージを与えるほどだった。

今回3回目の対戦で木村"フィリップ"ミノルにとって約1年ぶりの久しぶりの試合となった和島大海との対戦。過去2度とも1RでKOで木村が勝利していた。

久しぶりの試合で感覚を取り戻せ切れていないのも分かる。 ケガも格闘家やアスリートには付き物だからあるかもしれない。

万全の状態で試合に望める選手の方が少ないだろう。 相手との相性もあるだろう。背の大きさやスタイル等色々な要素は格闘技にはあるので合う合わないは必ずある。

しかしそのどれよりも確実な事がひとつある。 木村の身体が小さすぎることだ。身長ではない身体のサイズ感だ。

前まではパンパンに膨れ上がっていた筋肉もすっかり萎んでいる。 普通なら減量失敗かな?とも思うのだが。 彼は違うだろう。

やはり使っていたのか…?

K-1選手の城戸 康裕からも疑惑の目?

元WBKF世界スーパーウェルター級王者の城戸 康裕もツイートしていて疑惑は深まるばかり。

彼のツイートがコチラ。

国士舘大学体育学部卒で教員免許を持つふざけた見た目とは裏腹の秀才。

彼は前々からドーピングのチェックをK-1団体に訴えてきた。

城戸 康裕のアンチドーピングの訴え

「いきなりオリンピックのドーピングレベルは高いですしあそこまでは求めてないですがステロイドは選手生命どころかその人の生命をも短くする。

それをK-1が検査してないのは容認していると見えなくもない。キック系の団体でドーピングチェックは一切ないやってない。

そこであえてK-1が一発目をやることでインパクトになるかなと。K-1は違うぞちゃんとやっているんだと。

そのせいで急に強くなるとか普通にあり得るんですよ。パンチ力が3倍くらい強くなるし、脳から筋肉への伝達が異常に早くなる。

僕は体育大学で勉強したから。ステロイドを使った人は還暦を迎えるのは不可能と言われているんです。免疫力も落ちるし。

何が一番かと言うと、やっている選手は自殺行為、それをやられた選手が被害を受ける。こんなこと許されちゃダメです」

 

木村"フィリップ"ミノルの和島大海とのK-1ラストマッチはまさかのKO負け…


K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~ 2016年3月4日 東京・国立代々木競技場第2体育館 [DVD]
 

今回木村はK-1ラストマッチと公言しており次のステップを明言していた。

その次のステップに向けて明らかにステを抜いてきている。 身体のサイズもだが動きにもキレがない。

なによりパンチに威力とキレが感じられないのだ。 彼のパンチは破壊力抜群ながらボクサーのようにコンパクトでなおかつ早くキレていた。

それが今回全然感じられなかった。特に後半はバテバテで汗もかきすぎだ。K-1には薬物検査はない。

あくまで噂ではあるが薬物使用がバレた違約金を払う代わりに負けろ!と言われていたとの噂もある。

力なく倒れ諦めていた感じは昔の彼をみているようだった。そこに10連勝中だった絶対王者木村"フィリップ"ミノルの面影はなかった。

ステに頼りだしたのはいつなのか?

木村がいきなり強くなリ出したのはやはり 2018年11月3日K-1 WORLD GP 2018 JAPANでのジョーダン・ピケオーでの敗戦後でしょう。

あの闘いでは木村はピケオーに手も足も出ず敗れた。

恐らくここに自分の限界を見たはず。あの負け方は心が折られたはずだ。

そこから4カ月ほど間隔を空けてから破竹の10連勝。しかも全てKO。

一気にチャンピオンとしてスターダムに駆け上がった。

木村"フィリップ"ミノル疑惑の圧巻10連勝KO勝利の実績…


K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~ [DVD]

ジョーダン・ピケオーに敗れた後は破竹の10連勝。まさに圧倒的な強さで同階級の他の選手を寄せ付けなかった。

ポイント

2019年3月10日 和島大海 1R 2:21 KO(左フック) 

2019年5月18日 近藤魁成 2R 1:43 KO(左ボディーブロー)

2019年6月30日 クルーズ・ブリッグス 1R 1:37 KO(右フック)

2019年8月24日 大泉翔 1R 2:17 KO(左フック)

2019年11月24日 ジョーダン・バルディノッチ 2R 2:28 KO(ボディーブロー)

2019年12月28日 マーセル・アデイエミ 1R 1:18 KO(左フック)

2020年3月22日 海斗 1R 2:10 KO(2ダウン:右ストレート)

2020年3月22日 エダー・ロープス 1R 1:02 KO(右ストレート)

2020年3月22日 和島大海 1R 1:10 TKO(タオル投入:左フック)

2020年12月13日 アビラル・ヒマラヤン・チーター 2R 2:50 TKO(ドクターストップ)

圧倒的なパワーとスピードを手に入れた木村"フィリップ"ミノル!和島に始まり和島に終わる…

これを見るとあまりにも強くなりすぎたし出来過ぎている。

彼は元々あの階級ではハーフということもあり身体は大きかった。

しかし連続KOが始まった辺りから以前よりも体が大きくなったこととパンチ力が上がり過ぎていた。

ガードの上からでもダウン奪ってたし1発当たれば終わりが濃厚でもはやダンプカー。あの階級では誰も止めれない状態だった。

しかし今回明らかに以前と比べてあまりにもパワーにも体つきにも差がある。

連勝記録が始まったのも和島大海からでラストマッチで負けるもの和島大海。

和島から始まり和島に終わる。

 K-1からの引退を口にしている木村"フィリップ"ミノルのこれがK-1人生だったのですかね。

武尊も賞賛!新K-1を盛り上げたスター選手木村"フィリップ"ミノルの最後のK-1

まぁ武尊も言っていた通り木村"フィリップ"ミノルは新K-1を大いに盛り上げてくれた面白い選手。

 

疑惑は闇の中ではあるがこれからの木村"フィリップ"ミノルの第二章に期待ですね。

陰ながら格闘技好きとして応援しています☆

ではまた☆

 

 

☆人気の記事☆

1

どうも僕です★今回はみんなも大好きなあの飲み物のお話…視聴者へぇそれは気になりますねぇ~何だろう? サントリーシロップの ...

2

どうも僕です★今回はランキング企画☆ 僕の大好きな飲み物レモンティーを集めてランキングしてみました 皆さんはレモンティー ...

3

どうも僕です★今回は前々からやりたかった僕が大好きな飲み物メロンソーダのランキング企画です♪ 子供から大人まで皆大好きメ ...

4

こんにちはnobu(@adsense1102)です★ 今回は僕がブログを書く時に脳みそを覚醒させる為にお世話になっている ...

5

どうも僕です☆今回は一度はやってみたかったランキング企画おすすめ緑茶ランキングです☆ 緑茶ってよく飲むけどいっぱい種類あ ...

-スポーツ・格闘技