その他の男性アーティスト

【nobodyknows+は歌が下手?歌が上手い?】ノーバディーノウズの音域の広さは?歌唱力は高い?低い?素人のカラオケレベルに音痴で生歌が下手?今現在も昔と変わらない歌唱力で成長してない?

どうも僕です☆今回は代表曲ココロオドルで有名なnobodyknows+の歌唱力についてです!

nobodyknows+のメンバーは?


参考

nobodyknows+のメンバー

ホクロマン半ライス!!!(MC)1979年7月21日(44歳)坂梨 博樹

crystal boy(MC)1977年7月4日(46歳)加藤 正道

ヤス一番?(MC)1978年11月29日(45歳) 鈴木 保幸

ノリ・ダ・ファンキーシビレサス(MC)1980年8月20日(43歳) 岡村 典幸

DJ MITSU(DJ)1972年3月12日(51歳) 山本 充洋

注意ポイント

nobodyknows+旧メンバー

g-ton(MC)1975年1月22日(48歳)後藤 和幸 2007年4月脱退

nobodyknows+の音域の広さは?


ポイント

最低音 lowG

最高音 hiB

音域 約2オクターブ

男性グループ歌手nobodyknows+の音域は約2オクターブです。

男性としては普通ぐらいの音域の広さですね。最低音はlow域まで発声していて低くて凄いですね。男性でもlow域は低すぎて発生しにくい。

音域は下には広がりにくいので天性の物と言えます。最高音はhiBと男性でも頑張れば届くぐらいなのでカラオケでも歌いやすい。

代表曲の「ココロオドル」なんかもmid1F#~mid2Gぐらいなので音域的には1オクターブしか使っていない。なので歌いやすくてカラオケでも人気と言えますね。

総じて男性グループ歌手nobodyknows+の音域は普通ぐらいの広さと言えます。

nobodyknows+は歌が下手?歌が上手い?


nobodyknows+は歌下手だよね。

昔と何も歌唱力的には変わらない。成長してないともいえる。歌上手くなってないもんね今現在も。

でも故に最高だよね。貫き通してるよね。変わらないこともまた難しいことだ。

別に歌唱力を求められてるグループじゃないんだしね。

永遠の一発屋。

今でもテレビで呼ばれるのは凄いな。割りと最近はよく見るもんな。

2004年05月26日発売の3rd シングル「ココロオドル」がオリコン最高5位と大ヒット。

やっぱりこの世代の人は懐かしいし一度はカラオケでも歌ってるし盛り上がる最高の上げ歌。ある意味名曲だと思う。

代表曲の「ココロオドル」なんかもmid1F#~mid2Gぐらいなので音域的には1オクターブしか使っていない。

なので男性でも歌いやすくてカラオケでも人気曲となりましたね。こういうところも末永く歌われるには大切なこと。

2007年4月にg-tonが脱退しましたがそこから脱退者は出ていない。

今でも同じメンバーで当時と変わらない歌唱で聴かせてくれるのは最高でしかない。元々歌唱力を売りにしてるグループでもないし、歌唱力の成長がないのはご愛嬌だ。

今の世代の子達からすればこの楽曲も20年近く前だしなんだこの曲?誰だコイツら?ってなってるだろうけどね。笑

なんだかんだでこうやって末永く活動出来ているのは凄いですね☆

これからも往年のヒット曲を後世に歌い続けて欲しいですね♬

ではまた☆

nobodyknows+の作品を見てみる>>>nobodyknows+

-その他の男性アーティスト