・HIKAKIN(ヒカキン)

【これがオワコンの始まりか…?】最近のヒカキンのつまらなさ…ネタ切れで動画に猫を連投で終焉まっしぐら!?この面白く無さはターゲットの視聴者層が子供だからなのか?

どうも僕です☆今回トップYouTuberヒカキンについてです…
家電凡人
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう? 

1.成功者の証!ヒカキンが求めるものとは!?

YouTuberといえば皆さん誰を1番初めに思い浮かべますか?

僕ならヒカルですが、まぁ一般的にはやっぱり一番知名度のあるレジェンドであるヒカキンさんですよね。

 

彼は日本のYouTuberのパイオニアであり彼のYouTubeやYouTuberへの残した功績は凄まじく大きなものです。

 

そしてヒカキンの最近の動画ははっきりいってクソつまらないです。

 

最近では動画に猫を投入したり、ヒカルがバズっている時には大金を使った動画が増えたりとネタ切れ感は否めません。

視聴者のターゲットを子供にしている為大人には尚つまらないチャンネルとなってしまっています。

2.NO.1ユーチューバーのヒカキン猫まで動画で使うオワコンぶり…

上で言った通り一時期から完全に視聴者のターゲットを子供にしたため完全に子供向けの大人が見てつまらない動画に最近はなってしまってる。

つまり親が子供と見て楽しい動画となってしまっていると言うことです。

 

これが視聴者層を子供に絞ったが故のトップユーチューバーで神であるはずの彼の姿か…

しかし…

 

もちろんこれはマーケティング的には正解。YouTubeを見ているのは若年層なのは言うまでもない。そしてブログでもそうだがGoogleのアルゴリズムも親と子供が閲覧出来る物が評価される。その層に向けて動画出す方が再生数を取れるのは間違い無いが…。

 

でもなぁ…

 

やっぱり猫まで使うのはやり過ぎだろ(笑)

 

まぁ最近では飼ってるペットランキングでも猫が遂に犬を超えた!なんてのもあり、空前の猫ブームな訳だ。

そして流石ウームのヒカキン完全にマーケティング的にそこを狙って来る!(笑)

 

ちょっと前に猫を飼い出した動画を投稿しその後も猫との動画を連投。そして再生数的にも取れる事を確信!そのままの勢いでさらにもう一匹投入(購入)!

 

…いやいややり過ぎじゃね!?w

 

もはや最近ヒカキンでさえも面白く無くオワコン化しかけて来てるから、流石に好きで飼ってるように見えないのが本音。完全に金の為。

 

再生数取りに行く=広告収入=金

 

の流れ。終焉の始まりだ。

 

前にも書いているが僕はヒカキンさん好きですよ。あれだけお金持ちでも気取って無いし謙虚だしね。

 

人間が出来ていると思うけど、やはり動物まで動画の為に使い出すと、最近の流れは着いて行けないかなぁ〜なんて思う僕でした。恐らくこれは僕だけが持ってる感情では無いはず…

 

しかしそれでもコンテンツの質自体は落ちていないのかな?と思うわけです。

 

それは何故か…?

3.これがYouTuber界の神の余裕…

 

ある意味さすがYouTuberの神であり王者ヒカキン。もはやここまでのYouTuberになると余裕がありその余裕から来る圧倒的安心感のある安定した動画をユーザーに見せる事こそが仕事であります。

 

そしてヒカキンの一番凄い所は今も昔も変わらない動画を出し続けていること事にあります。

 

はっきりいって彼はYouTuber1の成功者でありもはや大富豪です。

 

仮面YouTuberのラファエルも言っていましたが本当の上の方のYouTuberは国内でも海外のトップYouTuber並に稼いでいる。

 

恐らく年収10億を恐らく超えている。じゃないと計算が合わない!と自分の収入から憶測していました。ヒカキンはまずその中には入るはずです。

 

それだけの金持ちが未だに激辛ラーメン食べて変顔してレビューしてるわけですよ。これって凄くないですか?

 

皆さんがもし同じだけお金があってそれが出来ますか?恐らくプライドが許さないでしょうし無理だと思います。僕なら絶対ムリです。

 

そんなこと若手YouTuberに任せて自分ではしないです。だから彼は凄いのです。変わらない事は難しい。

 

変わらないことの努力がすごい。その努力をしている者だけが変わらずにいられるのです。

 

やっぱりヒカキンは強いです。恐らく彼はこれからもYouTuberとして生き残るでしょう。

 

いざとなれば一時期のように大金を使った企画も出来るわけですしね!やっぱり最強のユーチューバーはヒカキンしかいない!

 

ではまた僕でした☆

-・HIKAKIN(ヒカキン)

Copyright© 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記 , 2021 All Rights Reserved.