【流石プロの芸人!】キングコング梶原ってこんなに面白かったんだな…芸能人がTVを捨ててYouTuberとして殴り込んで来る時代か!?

家電凡人パパス
どうも僕です☆今回は最近めっきりテレビで見なくなったあの芸人のお話…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~誰だろう?



1.キングコング梶原ってこんなに面白かったんだな…流石M-1決勝まで行ってるプロの芸人の話芸に驚かされた件!

キングコング梶原ってこんな面白かったんだな(笑)流石のM-1ファイナリスト!これからの時代は腕はあってもテレビに出られない芸人達がYouTubeに集まってくる!?

最近のYouTuberのヒカルとラファエルの動画になんと最近ではめっきりテレビで見なくなってしまった芸人のキングコングの梶原が出て来ました!

キングコング梶原と言えばやはり生活保護不正受給問題ですよね。彼もこの件1発でTVからほぼ姿を消して干された状態となりました。相方西野にしてもよく叩かれる事と高感度が低いで有名ですし今や芸人では無くアーティストですもんね。特に西野は芸人ながらあれだけのイケメンなのに嫌われるのはよっぽど。
結果的に2人とも問題だった為TVから消えコンビとしてもM-1決勝まで行っている位の実力もあり、全盛期ははねるのトびら等の大人気番組のゴールデンのレギュラーを持ちながらも全て終了。そしてコンビでTVからは干された形と今はなっている訳です。
そしてキングコング梶原が自分の存在価値をTVでは無くユーチューブに求めた。

2.もはや最近では…TVくYouTubeの時代か…!?

これが現状。TVは規制が増え過ぎてもはや面白くない物になってしまっています。その点今の所YouTubeの規制は緩いため自分のアイデア次第でいくらでも面白いものは撮れますからね。

TVに出続けている(売れてる)芸能人が必ずしも俳優なら演技が上手いか?芸人なら面白いか?と言われると必ずしもそうでは無いですよね。俳優なら根本の作品の良し悪しやハマり役かなども重要ですもんね
そしてここからが本題!芸人の世界ではどうでしょう?
毎日のように出ている芸人…果たしてそんなに面白くて腕があるのか?答えはNO!ですよね。芸人の中ではギター侍の波田陽区辺りから1発屋なんて言葉も出て来て必ず旬の芸人が居て一瞬の間(1年程度のみ)だけTVで見まくるとかはよくある事になりました。今で言うとみやぞんとかになるかな?
その旬の芸人を除けば今TVによく出ている芸人が必ずしも面白いわけではないのだなと最近改めて思った。何気なしにTVを見ているとまたこの人出てるわぁ〜なんてまぁ元猿岩石の有吉弘行とかを見て思うわけです。

3.キングコングの梶原とラファエル、ヒカルのコラボ動画を見て感じた事…

こんな考えを持ったキッカケが最近見たYouTubeでキングコングの梶原とラファエル、ヒカルのコラボ動画を見たからなんです。このブログでも僕がラファエルやヒカルの動画をよく見る事は書いたりしてますが、まさかキングコングの梶原とコラボとは驚いたな…(笑)
しかしです!今回のラファエルやヒカルとの梶原の掛け合いを見て思ったのが梶原ってこんなに面白かったんだな…って事なのです!本人は火をこしといっていまいいましたがいかに?
上で書いたように干されている彼等をTVで見る日はほぼありません。(梶原は解決えみちゃんねるには出てるが。)それが=彼等が面白く無いかはNO!だと言う事だと改めて感じました。
ひな壇芸人とはいかに与えられた僅かなチャンスをものに出来るかで決まるといっても過言ではありません。
1つの番組で沢山の人数がいるテレビの収録では1人に与えられる時間(チャンス)はごく僅かです…。その中で芸人たちは振られたらこれをいおう!と思っていても司会者から振られないや緊張して本来の力を発揮できないなどはザラでしょう。
滑れば当たり前ですがカットされそれがテレビに流れる事はありません。つまり今でも第一線でテレビに出て活躍している人間は、そういったチャンスを物にしてきた人間ということなのです。
振られたときにいかに的確な答えを返すのか?それとも追い詰められて何気なしにいった一言が大爆笑を生む事もあります。
出川や狩野のような滑る事噛むことが持ち味の変わった芸人もいます。あれもあれで間違いなく才能なのです。ようは今テレビに出続けている芸人は実力か、チャンスを掴む運があったかのどちらかです。運といえども芸能人には必ず必要なものですし、それもまた才能ですね。

最近の流れでは芸能人がユーチューブに殴り込んで来る事(逃げ込んでくる事)も増えて来ている。というのも今はネットの時代でもはやテレビが本職であり芸能人からみれば下にみていたユーチューバーんの方が断然稼げるという実態があるからだ。

4.芸能人がユーチューブに殴り込みの時代に突入!?

最近はテレビも規制がきつくなり面白く無い物に変わっています。

そんな中で芸能人がユーチューブ側に歩み寄っていく流れが出来つつあります。一昔前ではこれは考えられないような事であります。ユーチューバーなんて芸能人からみれば素人だ!
俳優さんであればオーディションがあったり、芸人であってもテレビに出られるような売れっ子になれるのはM-1等のショーレースで結果を残せた本当に一握りだけの選ばれた人間だけです。

つまり芸能人からみれば誰でもなれるユーチューバーなんて素人であり相手をする価値も無かったといえます。

しかし近年それが変わりつつあります。というのも上でいった様にテレビがつまらない物になり視聴率も取れない、仕事がない、ギャラが安い等の悪循環になってきています。それは正にTVというコンテンツのオワコンの象徴であるといえます。

そして今来ているのがやはりネットの流れ。誰もがスマートフォンを手にしいつでもネットと触れ合えるようになった昨今で代表されるのがユーチューブですね。

テレビのオワコン化、ネット化時代は進む一方…

皆さんも最近のテレビってつまらないなぁ〜おもんないなぁ〜なんて思った事ありませんか?ありますよね。

確かにユーチューブも僕はピークは過ぎたと個人的には思っております。しかしまだまだユーチューブはオワコンではない。

そして芸能人が寄ってくる理由としてやはり大きいのがお金である。
ヒカキンやヒカルなどが年収で億を超えるほど稼ぐのは今や有名な話。

そこに目を付けいち早く芸人界からは生活保護不正受給問題でテレビから姿を消した彼が殴り込んできたわけです。さぁこれからのユーチューブでの彼の火おこしは成功するのか!?

ではまた僕でした☆