アーティスト情報♪

【WANIMA歌下手すぎ】ボーカルKENTAは歌が上手い?下手?声が高い?音域は2オクターブで狭い?声が変わっていて曲のキーが高くて単調で飽るとの声も

どうも僕です☆ 今回は人気3ピースバンドのWANIMAのボーカルKENTAの歌唱力につていだ!
家電凡人
オーディエンス
へぇ~それは気になりますね。歌は上手いの?下手なの?

WANIMAとは?


Gotta Go!!

ポイント

KENTA(ケンタ) ボーカル・ベース担当

1988年4月13日生まれ(32歳)

本名は松本 健太(まつもと けんた)

KO−SHIN(コーシン) ギター・コーラス担当

1989年3月30日(31歳)

本名は西田 光真(にしだ こうしん)

FUJI(フジ) ドラム・コーラス担当

1986年8月8日(34歳)

藤原 弘樹(ふじわら こうき)

元メンバー

WAKITA(ワキタ) 初代ドラム担当

WANIMAは2010年結成の3人組のロックバンドである。

メンバーは全員熊本県出身でバンドの名前の由来は、メンバーの頭名字である。

藤原のWA

西田のNI

松本のMA

長らくインディーズで活動していたが2017年5月17日に3rdシングル「Gotta Go!!」でunBORDEからメジャーデビュー!

同2017年には勢いそのままに第68回NHK紅白歌合戦初出場にも出場してその人気は一気に全国区に広まった。

WANIMAのボーカルKENTAって声高いだけで歌下手だよね


JUICE UP!! TOUR FINAL(Blu-ray)

こういうヤンチャそうな見た目を全面に押し出しているバンドのボーカルとしては珍しくKENTAの声はかなり高いです。

大抵声がガラガラでキーは低いバンドが多い中では珍しいタイプだと思いますね。

だから若者にも目新しさで受けた部分も大きいと思います。

曲もキャッチーで明るく元気になれてテンション上がる物が多いのですが、

それよりは声質とかキーが高めな所に目新しさがあってブレイクしたのかなと。

最近は一通りバズリ終わったのか一時期程は話題にならなくなりましたね。

声質がかなり特殊ですよね。切れ味の鋭いハイトーンボイス。

ハイトーンは言い過ぎかも知れませんが一般的に見たらキーは高い方です。

後は基本的にずっとキーが高い事もWANIMAの曲とボーカルの声の特徴と言えます。

まぁ声が高いだけで歌そのものは上手くはなく、プロの歌手と考えると下手な部類に部類されますね。

WANIMAの曲をカラオケで素人が歌うのは至難の業


ともに

KENTAは音域そのものは広くはありません。

しかしhiCぐらいまではさらりとでてしまうかなり特殊な声帯です。

得意とする発声のキーが高いので自分の歌いやすい所のキーでずっと歌っている感じ。

「夏のどこかへ」なんかを例に出すと…

注意ポイント

最低音mid2D

最高音 hiD

こんな高い音だけで構成されている楽曲は男性歌手の中では珍しい。

だから普通の一般的な男性キーよりは結構高く普通にノリでカラオケ入れても素人はまず歌えないでしょう。

よってボーカルのKENTAはかなり特殊な声を持っていると言えます。

彼の音域だけを見ると一般人とそこまで変わりません。

KENTAの音域

最低音 mid1D
最高音 hiD
音域 2オクターブ

普通の人よりもキーが上に高いだけで音域はプロの歌手としては狭いぐらいです。

得意とするキーでほぼ曲全編歌い通す事が多いので聴いていてとても単調になる事は否めない。

曲に表情の豊かさがない。本人同様ずっと笑ってる感じで例えるなら喜怒哀楽がないような。


やってみよう

まぁこれだけ一曲でキーの変わらないアーティストも珍しい。

ジャンル的には違うがタイプ的にはT.M.Revolutionの西川貴教に近いかなと。

彼もまた得意のキーが高く曲のキーがずっと高い。

音域的にはWANIMAよりもさらに高くて声も太くて上手いですけどね。

下手に感じる理由としてはやはり声質とシンプルに歌唱法のテクニックの無さでしょう。

声自体は高いが軽く太さがない。ビブラート等の技術的な部分も使わない。使えない?

その為に曲は良いがとても単調で飽きてくる。ブームの終焉が早かった事もこの辺に起因していると個人的には思ってます。

まぁ自分の素材を活かしたテクニック等には頼らないストレートな歌唱法ですね。

だから若者にも受けたのかな。

それでもあのキーでLIVE1本やり切るのは化け物ではありますがね。

でもあの歌い方だと喉の酷使は否めないので無理はせず喉は大切しながらこれからも頑張って下さいm(__)m

ではまた僕でした☆



サンプル品をお得にGET☆

-アーティスト情報♪

Copyright© 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記 , 2021 All Rights Reserved.