アイドル情報 乃木坂46

【乃木坂46の終焉】クオリティの低い駄作曲のオンパレード…最近良い曲なくない?昔の勢いや輝きは何処へ?良曲や名曲を量産していた全盛期はもう過去の産物?

どうも僕です☆今回はオワコンが囁かれ楽曲のクオリティーも下がってきている乃木坂46についてです!

乃木坂46の楽曲のクオリティーの低下が止まらない…


いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46

最近の乃木坂46楽曲のクオリティが終わってる。

音楽番組見てて思うけど最近の乃木坂の曲って良くないよね。

曲のクオリティが下がり続けてますね。

今年は乃木坂も卒業ラッシュ。ついに1期生の生田絵梨花も卒業します。

星野みなみとかはしれっとスキャンダルから復活してますけどね。

1期生も残りわずかですね。乃木坂も岐路だな。

何より最近は楽曲がよくないよね。今回の生田絵梨花の卒業ラストシングルは「最後のTight Hug」

これまた良くない。最近の乃木坂の勢いのなさを表してるよね。

今までは中心メンバーの卒業には秋元康は名曲を送り出してきたはず…


生田絵梨花 乃木坂46卒業記念メモリアルブック タイトル未定
 

今回の「最後のTight Hug」

生田ちゃんの卒業なんだぜ。もっといい曲なかったのかよ…

当時の乃木坂は本当に楽曲が良かった。 特に卒業のメンバーへの楽曲のクオリティは群を抜いて良かった。

少し振り返ってみよう… 橋本奈々未の卒業曲であった「サヨナラの意味」

西野七瀬の卒業曲であった「帰り道は遠回りしたくなる」

乃木坂の卒業曲には名曲が用意されるそれが今までの定説だった。

しかし… 白石麻衣卒業曲であった「しあわせの保護色」

生田絵梨花センター曲「最後のTight Hug」

作曲は乃木坂ではお馴染みと言える杉山勝彦さん。「制服のマネキン」「君の名は希望」「きっかけ」「サヨナラの意味」とグループの代表曲を作曲してきている。

しかし今回の楽曲。

もはや楽曲に魂や気合が入ってないんじゃないと疑うレベルだ。

なんか最近の楽曲のは全部滑ってる。「僕は僕を好きになる」「ごめんねFingers crossed」

ただでさえメンバーの相次ぐ卒業でオワコンが囁かれているのに楽曲のクオリティーまで下がったらマジでヤバいよね。

最近は日向坂とかの方がいい楽曲多いし。乃木坂も気合入れないとこのままAKB48の二の舞でオワコンまっしぐらになるかも知れないですね…

ではまた☆