堀口恭司

【日本のPFPランキング1位は堀口恭司?】日本人の総合格闘家のパウンド・フォー・パウンドは間違いなく堀口恭司?RIZINで誰が一番強いの?全階級で体重差のハンデがない場合で最強は誰?生物的に一番強い!MMAの総合格闘技で人類で一番はフライ級に落とした堀口恭司だ!

2023年2月18日

どうも僕です☆今回は総合格闘家の堀口恭司の強さについてです!

 

総合格闘家の堀口恭司とは?

堀口恭司

ポイント

本名 堀口恭司(ほりぐちきょうじ)

通称 史上最強のMade In JAPAN

生年月日 1990年10月12日(32歳)

出身地 群馬県高崎市

居住 アメリカ合衆国 フロリダ州ココナッツクリーク

血液型 O型

星座 天秤座

身長 165cm

体重 61.2kg

階級 フライ級 →バンタム級→フライ級

スタイル 伝統派空手

スタンス オーソドックス

パウンド・フォー・パウンド(PFP)とは?

格闘技、キックボクシングなどの格闘技において全階級で体重差のハンデがない場合、

誰が最強であるかを指す称号を通称パウンド・フォー・パウンド(PFP)と呼んでいる格闘家にとって名誉ある称号と言える。

ライト級の堀口恭司の無敵の強さ!もはや異次元!スピード、パワー全てが最高レベルで日本人のパウンド・フォー・パウンド(PFP)間違いなし!

 

堀口恭司

2022年12月31日の大晦日にさいたまスーパーアリーナで開催された「RIZIN.40」。

今回のRIZINはアメリカの格闘技団体「BELLATOR(ベラトール)」のトップスター選手が日本に来日し日本のRIZINの選りすぐりのトップ選手と5対5の全面対抗戦を開催することが話題となっていた。

日本の史上最強のMade In JAPAN堀口恭司は契約の都合で残念ながらBELLATOR側での参戦となった。

日本人対決となった、扇久保博正 vs. 堀口恭司のフライ級での対決。今回は3回目の対戦となる。過去2回とも堀口の勝利であったが…

そして今回注目だったのが自身の適性階級であるフライ級に落としたことだ。

試合の結果は…堀口恭司の圧勝だった。

堀口本当に強いよね。てかフライ級にしたらもはや無敵だわ。

当たり前だけど日本人相手じゃ敵なしだろう。

今回の扇久保との試合はフライ転向1発目のいわば御披露目会的なもの。

試合内容も圧倒的で勝負にすらなっていなかった。扇久保は実力の差をまざまざと見せつけられる悔しい結果となった。

格闘技、キックボクシングなどの格闘技において全階級で体重差のハンデがない場合、誰が最強であるかを指す称号であるパウンド・フォー・パウンド(PFP)の第1位は間違いなく堀口恭司であろう。

世界をまたにかける選手なので当たり前といえば当たり前かもしれないが日本人には敵はなく日本人のPFPは堀口恭司で間違いない。

彼のフライ級に落とした異次元の試合が今後楽しみですね☆

ではまた☆

-堀口恭司