L’Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)

【L'Arc~en~Ciel駄作DVD映像作品ランキング】ラルクファン以外は見なくてもいい低クオリティ?お金の無駄遣いで逆におすすめできない構成や演出のダメなLIVE映像作品!hydeの声がガラガラで出てなさすぎで調子悪いセットリストがイマイチ…

家電凡人
家電凡人
どうも僕です☆今回はL'Arc~en~Ciel駄作DVD映像作品ランキングです!
へぇ~それは気になりますね。そんなのあるんですか?
視聴者
視聴者

L'Arc~en~Ciel駄作dvdランキング


今回はL'Arc~en~Ciel駄作DVD映像作品ランキングです。

ラルクの作品の中でもファン以外にはおすすめできない作品もあります。駄作ですね。ファンでも1度見れば十分かなのレベル。

勿論素晴らしい作品もあります。でも全てがそうではないのです。

今回は敢えてそんな作品の中から駄作な映像作品を5本ランキングしてみました。

ではいきましょう。

第5位 SMILE TOUR 2004 〜全国編〜


参考

2005年6月1日発売

2000年に開催したドームツアー「TOUR 2000 REAL」以来約3年半ぶりとなる久々のLIVEツアーとなっているこの「SMILE TOUR 2004」は

全18公演全344曲のパフォーマンスの中から厳選した19曲を収めたLIVEビデオである。

これはある意味面白いコンセプトの映像集。色々な日程の映像が見れる。ただSMILEのアルバム自体のクオリティーもラルクのアルバムの中では低く楽曲がイマイチ。

そしてこの作品は1本のLIVE映像ではない。

LIVE DVDとして見るには仕様がいまいちで物足りないかな。やっぱりLIVE映像は1本丸ごとしっかり見たいよね。

第4位 7(Shibuya Seven days 2003)


参考

2003年12月17日発売

このLIVEはhyde最初から声ガラガラなんだよね。笑

まぁ7DAYSなんで仕方ないんだけどね。流石に無茶し過ぎかな。

L'Arc〜en〜Cielが2003年6月28日から2003年7月6日(6月30日、7月3日は除く)の7日間に渡って国立代々木競技場・第一体育館で開催したLIVEで、

「Shibuya Seven days 2003」の最終日公演の模様を中心に収録したLIVE DVDである。

「Shibuya Seven days 2003」はL'Arc〜en〜Cielが開催した久々のライヴとなっている。

L'Arc〜en〜Cielは2001年9月に発表したシングル「Spirit dreams inside -another dream-」を発表した後は各メンバーがそれぞれソロ活動に専念していたため2000年に開催したドームツアー「TOUR 2000 REAL」から約2年半ぶりのLIVEとなった。

hydeお得意の後半の尻上がりで後半戦では声もだいぶ持ち直してくるけど、セットリスト的にもありきたりなセトリ。

でも唯一良い点はほとんど歌わないFare Well歌ってるところかな。でもそれ以外はこれといった見所はない。

まぁBEST的な楽曲でファンじゃない人も聴いたことある楽曲は多いだろうけどHYDEの歌声の調子的にもファンからすると微妙な作品かな。

第3位 heavenly~films~


参考

1996年3月21日発売

L'Arc〜en〜Cielが1995年9月に発表した3枚目のアルバム「」を引っ提げて1995年9月8日から開催したLIVEツアー「TOUR heavenly '95」から1995年12月27日に、

日本武道館で行ったファイナル公演「TOUR heavenly '95 Final」の模様を収録したLIVE DVDである。

この作品ははL'Arc〜en〜Cielがメジャーデビューしてから発表した初のライヴビデオであり、

元ドラマーのsakuraが1997年11月4日にバンドを脱退したことからsakuraが在籍していたころにL'Arc〜en〜Cielが発表した唯一のLIVE映像作品となった。

この作品は個人的には割りと好きなheavenlyんですけどLIVEの映像とは呼べないな。

ブツ切りの映像ばっかりだしだし。

heavenlyはアルバムとしては凄い好きだしいいアルバムなんだけどね。

若いHYDEが見れるのは眼福。まぁメンバーみんな若いし、脱退したsakuraもいるし今とは雰囲気も見た目も別のバンドみたいだね。

全曲収録してくれたら最高の作品なんだけど今作は物足りないな。

第2位 LIVE IN U.S.A〜at 1st Mariner Arena July 31, 2004〜


参考

2004年12月8日発売

L'Arc〜en〜Cielが2004年7月31日にアメリカ・メリーランド州ボルチモアで行われた「OTAKON 2004」の一環としてファースト・マリナー・アリーナで開催したライヴ「Live in USA」を収録したLIVE DVD作品。

今作はL'Arc〜en〜Cielが海外で初めて開催したLIVEとなった。

ラルクの海外でのLIVE映像で貴重ではあるのだが…まぁそこまで盛り上がってないしセトリ的にもアルバム「SMILE」からの選曲なのでセトリも微妙。

正直SMILEがアルバムの中でも駄作だからなぁ。笑

正直そこまで面白くない映像作品で何度も見ようとは思わないかな。

第1位 ASIALIVE 2005


参考

2006年6月21日発売

「ASIALIVE 2005」は、L'Arc〜en〜Cielが2005年9月に日本国内外3都市(ソウル、上海、東京)で開催したライヴツアー。海外公演は2004年にアメリカで行った「Live in USA」以来約1年ぶり。

さらに、日本公演は東京ドームで開催されており、この会場でL'Arc〜en〜Cielがライヴを行うのはドームツアー「TOUR 2000 REAL」以来約4年9ヶ月ぶりのこととなった。

これが一番いらないな。収録曲も少なく見ごたえがまずない。そしてhydeの声の調子もかなり悪い。

hydeはこの当時が一番声出てないね。2005年ぐらいは本調子には程遠くヤケクソ感が凄く勢いでなんとか押し切ってる感じ。

ラルクの数あるLIVE映像作品の中でもおすすめできないDVDで確実にNo.1かな。正直ファンが見ていてもつまらないなと感じるレベルだ。ファンでも1度見ればもういいかなと思うレベルかな。

L'Arc~en~Ciel駄作DVDランキング


いかがでしたか?

今回はL'Arc〜en〜Cielの駄作DVDランキングを送りしました。まぁ興味のある方は見て見て下さい。

このランキングの意味も分かるかもしれません。笑

ではまた☆

L'Arc〜en〜Cielの作品を見てみる>>>L'Arc〜en〜Ciel

-L’Arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)