その他の女性アーティスト

【水森かおりは歌が上手い?生歌が下手?】歌唱力は高い?低い?音域の広さは?声が高い?安定感抜群で50歳で現役で歌手は凄い!紅白歌合戦常連!歌唱力も昔と今が変わらずに凄い!高い人気と知名度の国民的な演歌歌手!

2023年11月26日

どうも僕です☆今回は紅白歌合戦常連の国民的演歌歌手の水森かおりの歌唱力についてです!

女性演歌歌手の水森 かおりとは?


参考

歌手名 水森 かおり(みずもりかおり)
本名 大出 弓紀子(おおで ゆきこ)
愛称 「みもりん」
生誕 1973年8月31日(50歳)
血液型 B型
身長 153cm
星座 天秤座
出身地 東京都北区
最終学歴 城西大学女子短期大学部卒業
ジャンル 演歌
職業 歌手
結婚 未婚
活動期間 1995年 -
音楽レーベル 徳間ジャパンコミュニケーションズ
所属事務所 長良プロダクション

水森 かおりの音域の広さは?


ポイント

最低音 mid1E

最高音 hiD#

音域 約2オクターブ

女性演歌歌手の水森かおりの音域の広さは約2オクターブです。女性としては普通ぐらいの広さですね。

水森かおりは自分の得意とする音域とキーで上手く歌っている感じですね。

なので高いキーで無理しているわけではないので自然に発声できていますね。

総じて水森かおりの音域は普通ぐらいの広さといえます。

水森 かおりは歌が上手い?歌が下手?


女性演歌歌手の水森 かおり

演歌の人は歌上手くてやっぱり凄いな。

千鳥の鬼レンチャン見てたけど水森かおり凄い。

やっぱり紅白に常連で出場してるベテラン歌手の音感とか歌の上手さが違うわ。

一音一音しっかり合わせれているのは流石プロの歌手。

なによりも演歌じゃない楽曲でもそれができること。

自分の畑じゃないのにね。

まぁ例えるならキックボクサーがMMAで試合して勝つようなもんだ。笑

しっかり自分の専門分野以外でもアジャストして対応できるのは凄い。流石プロ。

カッコいいよね。つまりは総じて歌が上手いということだ。

音域的にも低音域から高音域まで広く対応できる。

紅白歌手としてのプライドもあるだろうし、ミスれない。紅白常連歌手が全然音程合わないなんていえないよね。

千鳥の鬼レンチャンでは安定した高い歌唱力を披露していた。

何より凄いのは演歌歌手なのにJ-POPも歌いこなす高い歌唱力があることだ。演歌歌手ですが歌唱法にクセがなく聴きやすい。

流石は紅白常連歌手といったところか。

水森かおりも加齢でも変わらない音域や高い歌唱力はたゆまぬ努力の結晶


水森かおりも今現在50歳という年齢のことを考えると今でも音楽業界の第一線で現役で活躍していることは本当に凄い。

しかも声のキーも変わっていない。未だにしっかり声も出ていますもんね。

音域も年齢考えると広いですね。自分に合ったキーでしっかり発声しているので歌は心地よく聴きやすく上手いです。

彼女の高い歌唱力は日々の努力と高い向上心から生まれていることは間違いない。天才的な歌唱力も努力あってこそのものだ。

年齢を重ねてもあの歌声はたゆまぬ努力の賜物に違いないのは容易に想像がつく。

本物の一流歌手ですね。

水森かおりの圧倒的歌唱力!紅白歌合戦常連の国民的な演歌歌手!


水森かおりは音感がずば抜けてる。しかもしっかりポップにアジャストして合わせられるのは確かな歌唱力があってこそだ。見ていて気持ちいいというか心地よいですね。

演歌とJ-POPではリズムの取り方から全てをアジャストして変えないと対応できないぐらい違いますからね。

彼女の高い歌唱力あってこそのものだ。まぁ鬼レンチャンとかでも正直音程を合わせるだけのカラオケで面白くはないんですけどね。

普通に彼女の実力すべてを出し切って音程なども気にせず歌う方がよっぽど上手く歌えるはず。まだまだ水森 かおりの実力はこんなものではないと言えるだろう。

プロの歌手になればなるほどフェイクやわざと音程をズラす等の技術を使うものだ。

それがプロの歌手なんだから。

音程を気にしすぎるとビブラートもかけにくいですしね。一音でも外したら終わりとなるとリスクを負って技法に走る下手な真似はできませんからね。

流石はプロの歌手です。演歌の方は音感が本当に優れていて完璧なんですよね。

バシっと音程もあててくるのでやはり歌が上手いと感じてしまいますね。

表現力もあるので名曲がさらに名曲に昇華されている。

歌が上手いのは当たり前でそれでいてなにか光るものがある。

表現力があるので声に力がありますよね。唯一無二の世界観のプロの歌手だ。

紅白には2003年からずっと連続して21回出場の国民的な歌手。

2023年12月31日「第74回NHK紅白歌合戦」への出場も決まっている水森かおり。

彼女のこれからの末永い活躍から目が離せない☆

ではまた☆

水森かおりの作品を見てみる>>>水森かおり

-その他の女性アーティスト