アーティスト情報♪ 女性アーティスト

【和楽器バンドは歌が下手?】鈴華ゆう子は声と歌唱法のクセが凄い!生歌は上手いの?和の国日本を代表する世界的な個性派集団!

どうも僕です☆今回は世界的にも人気の和楽器バンドについてです!

その和楽器バンドのメインボーカルである鈴華ゆう子の独特の歌唱法についても迫ります!

和楽器バンドとは?

 
軌跡 BEST COLLECTION+(Blu-ray Disc)(スマプラ対応)(Type-B(Live))

和楽器バンドのメンバーは?

鈴華ゆう子 ボーカル、キーボード担当

いぶくろ聖志 箏(こと)担当

神永大輔 尺八担当

蜷川べに 津軽三味線担当

黒流 和太鼓担当

町屋 ギター、ボーカル担当

亜沙 ベース担当

山葵 ドラム担当

2013年3月にボーカルで詩吟の師範の顔も持つ鈴華ゆう子が「伝統芸能をよりポップに世界へ広げたい」という思いで和風ユニット「華風月」で活動しているメンバーを中心に、

新たにメンバーを集めて鈴華ゆう子with和楽器バンドを結成した。

その後当時のベースの白神真志朗と三味線の奏-Kanade-が脱退し新たに、今現在の津軽三味線担当の蜷川べに、ベース担当の亜沙が加入した。
2014年1月にはバンド名を鈴華ゆう子with和楽器バンド→和楽器バンドに改名した。

2014年4月にはavex(エイベックス)よりVOCALOID楽曲のカバーメジャーデビューアルバム『ボカロ三昧』をリリース。

¥2,745 (2021/08/14 20:13時点 | Amazon調べ)

2015年4月にはテレビ朝日『ミュージックステーション』で念願の地上波テレビ初出演と生演奏を披露したことが話題となり一気に知名度は全国区に知れ渡った。

2015年9月に2ndアルバム『八奏絵巻』がバンド初の週間オリコンチャート1位を獲得。
ボーカル・鈴華はこれに際してコメントで、「嬉しいのと同時に信じられない気持ちで一杯です。これをきっかけに和楽器を始めとする日本古来の伝統芸能にもっと多くの人達が興味を持ってくれればと思います。」と喜びを爆発させた。

2016年1月日本武道館にて単独ライブを開催。

2017年2月初の東京体育館単独公演を2daysを成功させる。

2018年1月初の横浜アリーナ単独公演を成功させる。

2019年1月、初のさいたまスーパーアリーナ単独公演2daysを開催。

2019年6月にはデビュー5年目でエイベックスとの契約が満了しユニバーサルミュージックとグローバル契約を締結し所属事務所を新規設立し、株式会社イグナイトマネージメント所属となった。

2019年12月4日にはユニバーサルミュージックから移籍第一弾リリースとしてCONCEPT E.P.「REACT」をリリース。


REACT(初回限定ライブドキュメンタリーブック盤)

2020年2月には「和楽器バンド Premium Symphonic Night Vol.2 ライブ&オーケストラ〜 in大阪城ホール 2020」開催。スペシャルゲストとしてAmy Lee(EVANESCENCE)が参加し話題となる。

2020年9月18日アメリカバンドEVANESCENCEのヴォーカル Amy Leeとコラボレーションをし、「Sakura Rising」をリリース。

2021年5月4日フジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」主題歌「Starlight」を配信リリースした。

和楽器バンドのボーカル鈴華ゆう子は歌が下手?上手い?詩吟師範代で歌い方のクセが強い!

日本を飛び越え世界的にも活躍する和楽器バンド。

前々から思ってたけどボーカルの 鈴華ゆう子の歌い方ってクセ強いよね。

歌い方のクセ凄いよ。独特で唯一無二だ。

アーティスト界であの歌唱法は売れたのが凄いよね。鈴華ゆう子は詩吟の師範の顔も持つ。

3歳でピアノ、5歳から詩吟と詩舞を始めている。東京音楽大学ピアノ科卒の才女。


CRADLE OF ETERNITY(2CD)(スマプラ対応)

今では世界的にも評価の高い個性派集団となった和楽器バンド。

和のテイストが世界に受け入れられたことは日本人としても嬉しく誇らしい。全てのメンバーの演奏技術が高くそれぞれが個々でも一流。

ボーカルは歌唱法にクセはあるものの歌は上手いですね。ピッチも安定してて音域も下から上までliveでも自由自在に操っているので音域も広い。

声質や歌唱法のクセの強さで下手だという人も毛嫌いする人もいるとは思うものの彼女の声質や歌唱法は聴けば聴くほどクセになるので個人的には唯一無二の世界観と声質や歌唱法である彼女の歌唱力の評価は高いです。

 9thの「生命のアリア」 10thの「Starlight」この辺からは万人受けも狙ってか声や歌唱法のクセも薄れていますね。曲調もメジャー向けで聴きやすくなった。

まぁ歌唱力や演奏技術が本物なのでいいとは思いますがね。曲も良いし。

ソロとしても活動してますが稀な存在のアーティストだと感じます。 これからも日本の和の素晴らしさを曲に乗せて日本ならず世界にも届けて欲しいと思う僕でした⭐

ではまた☆