【コンテンツの質低下↓】最近のYouTubeおもんないなぁ…本気を出したGoogle!問題動画多発で厳しくなり続ける規制。YouTuberがつまんないし面白くないしオワコンまっしぐら!好きなことでは生きていけない?酒もタバコも危険動画も駄目でアカウントBANの対象?

家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はこんなみんなも思ってるかもしれないYouTubeのこんなお話!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

1.最近のYouTubeおもんないなぁ〜。

最近のYouTubeってつまらないですね。正確にはYouTubeがつまらないというよりかはYouTuberそのもの自体ががつまらないと最近感じる…。

物申す系YouTuberのシバターが以前動画の中で言ってましたが最近視聴回数が伸び悩んてると。

YouTube視聴者が自分に興味がないから俺はオワコンだとか言ってましたが、シバターがオワコンなんじゃなくてもはやYouTuber界全体がもうオワコンに近づいていると感じます。

2.YouTube何故こんなにも面白くなくなってしまったのか…

YouTube界では2017年にはトップYouTuberであるヒカル、ラファエル、禁断ボーイズいっくんがバリュー騒動で大炎上を起こしたりと色々ありましたね。

近年ではプレゼント企画が多くてつまらないなぁ~と感じておりました。結果やはりプレゼント企画も規制が掛かりほぼなくなりましたね。

プレゼント企画とか興味無いしね。あの時はコレが登録者数を伸ばす為の新たな手法だった訳ですがこういうプレゼント企画もYouTubeをつまらなくしてしまいましたからね。そりゃなくなるわ。

結局YouTuberもビジネスであり登録者数伸ばすのも仕事なので仕方ないとも思うんですけど『好きなことして生きていこう!』のYouTubeの趣旨からはかなり外れていると最近のYouTubeは感じますね。

YouTube全盛期の頃はじめしゃちょーがヒカキンを抜いたあたりの頃かな。

この頃がYouTubeの全盛期だったと感じます。あの頃面白かったもんYouTube。間違いなく。はじめしゃちょーとかも昔のザ・大学生みたいな動画の頃が一番面白かったし、自然体でしたね。今は面白くなさ過ぎ。

彼が正に『好きなことして生きていこう!』のYouTubeのビジネスモデルそのものだったと感じます。

UUUM(ウーム)に入り色々動画での規制も今ではあるでしょう。数字も影響力も凄いですからね。

結局YouTuberも社会人になっちゃう(会社に所属する)とダメって事ですね。

もうちょい事務所の垣根を越えたコラボ動画とかYouTuber全体が一致団結してYouTube守んないと

YouTubeは無くなんなくてもYouTuberは終わっちゃうと思いますね。ホントに近いうちに。

色々ありましたからね。ユーチューブの規制強化って。

3.踊ってみたとかの削除が始まる

皆さんもニュースでも取り上げられてるからご存知の方も多いかもしれませんが今YouTubeでは著作権がらみの踊ってみた歌って見た系の動画の削除が始まっています。

まぁコレは当たり前な気もしますがね。基本的に楽曲使用は著作権も絡むし削除も当然なだと思うけどな。

恋ダンス流行ったもんなぁ〜。あんましあんなのって見る気にならない。例えはじめしゃちょーがやっててもね。

基本的に結婚式の余興とか、体育祭や、文化祭とかの出し物の練習で見るぐらいだよね。

普通になんも無しで素人の恋ダンス見たいとは思わないな。テレビの企画(アメトークの企画)とかならまだしもね。

削除されて当然だし、この踊ってみたとかのYouTubeの文化やノリも個人的には要らないな無くなってもいいと思う。これは賛成。

4.YouTuberは才能だけではダメ?やはり人間としての魅力だ!

結局視聴者が見ているのはその動画の向こうの人間性や内面である。人間性や内面等は隠そうとしても滲み出てしまうものである。

やはり今のYouTuberでも魅力的なYouTuberしかYouTubeには残っていない。

小手先だけの才能では通用しない。そんな動画はやはり見ようとは思わないですからね。結局僕も見るYouTuberの動画ってどんどん淘汰されて限られた同じ人ばかり見るようになっていますからね。

先日のラファエルとカブキンの動画でどうやったら頭打ちの登録者が伸びるかを登録者数200万人超えのラファエルに相談していました。

ラファエルもカブキンの事は評価しています。しかし、それはYouTuberとしてでは無く、ただ他の人より色々なことが出来る才能があると言ったものでした。

カブキン自体は確かにバンドしたりとハイブリットな才能もあると思います。

しかし結局は人間性などまでYouTuberは見られているのかな。と感じる訳ですよ。だから彼の登録者数も今だに32万人程度なのかなと思いますが。

やはりこれからのYouTuberは魅力的な奴しか生き残れない?ガンバ!カブキン!

5.テレビのオワコン化、ネット化時代は進む一方…

皆さんも最近のテレビってつまらないなぁ〜おもんないなぁ〜なんて思った事ありませんか?ありますよね。

まぁ僕もYouTubeをよく見ますが最近はYouTuberの質の低下と共にYouTube自体が面白く無いものになって来ていると言うの個人的な感想です。それでもテレビよりはマシかなと思いますね。

最近本当に面白いテレビ番組って無い。マジで。毎週見てるのって、アメトーーク、世界の果てまでイッテQ、ゴッドタンぐらいかな。本当に面白い番組って減ったなと改めて思います。浮かばないですもん毎週見てる番組や面白い番組って。

それに比べるとYouTubeはまだ面白いね。確かに面白く無い奴もいるし、なんでこんなにつまんないのに人気なんだ?ってYouTuberもいる事は確かだが。

6.やっぱり面白い奴しかネットでも生き残れない!?

でもやっぱり面白いYouTuberは今でも生き残ってるし、僕なんかだとヒカルやラファエル、シバター、最近だとカジサックなんかの動画は今でも毎日見るしね。やっぱり面白いし、楽しみにしている自分もいる。もはやYouTubeもそうだけど、ネット系の媒体の動画や番組は地上波を超えている。

テレビがYouTubeなどに追い抜かれた現実がそこにはあると思う。だからYouTuberも芸能人並、いや今は影響力的にも超えてるかな?

それぐらい人気があって、キングコング梶原のようにカジサックとしてYouTuberとして、芸能界からYouTubeに降りてくる。いやもはや表現が違うかな。YouTubeに拾って貰ったといった感じか。

さぁこれからこの現実をテレビ界がどう受け止めテレビのオワコン化を阻止して行くのかが楽しみな僕でした☆

7.摩天楼オペラのYouTubeの再生回数の少なさ…やっぱりトップYouTuberの100万回再生とかって凄いんだなぁ〜と改めて感じた瞬間!

これは完全に個人の趣味の域の脱線話ですが僕はたまに摩天楼オペラの曲を無性に聴きたくなるのです!なんかスッキリするんですよね♪

僕が最初に彼等を知ったのは「Justice」です。あれを聞いた時は体中に衝撃と言うか電気が走りましたね!

スゲーバンド出てきたなって。それから陰ながら応援してますが、久しぶりに「Justice」聴きたくなりYouTubeで見ました!あぁ〜やっぱりいいな、嫌な事全部忘れるわぁ〜なんてある意味癒されながらPVは終了。その時にふと目に入ったのが再生回数が63万回…

…少なっ!(笑)

てかなんでこんな良い曲を皆もっと見ないんだ!?聞かないんだ!?とある意味再生回数の少なさに憤りを感じてしまい。もう一度見てしまった(笑)

でもコレって割と問題で、それだけこう言うジャンルの曲って認知されて無い、需要が無いという事をこの再生回数を見て感じました。だってこれだけの良い曲なんだよ!?って僕は思う訳です。

僕もブログやってたり、YouTubeやYouTuberの動画もよく見ますが彼らの再生回数は数日で100万再生行ったりするのが当たり前ですから、いかに人気があるか需要があるかと言うのを、比べるのは申し訳無いが摩天楼オペラのJusticeの再生回数と比べて感じました。

ちなみにJusticeは2012/02/20にKING RECORDSの公式でYouTube上に公開され現在の再生回数が63万回でした。いやいや少なすぎるってマジで。

近年では音楽番組も視聴率低迷で減っていますが、本当に良い音楽が評価されて来て、良い環境で活動させてあげられる世の中になって欲しいとYouTubeの再生回数を見て感じました。それぐらいでここまで思う僕が考え過ぎなのかも知れませんが(笑)

8.成功者の証!ヒカキンが求めるものとは!?

では話を戻しまして…(笑)ユーチューバーといえば皆さん誰を思い浮かべますか?僕ならヒカルですが、まぁ一般的にはやっぱり一番知名度のあるヒカキンですよね。

彼は日本のユーチューバーのパイオニアであり彼のYouTubeやYouTuberへの残した功績はすさまじく大きなものです。

そしてヒカキンの最近の動画ははっきりいってクソつまらないです。

前にも書いていますが猫を投入したり、ヒカルがバズっている時には大金を使った動画が増えたりとネタ切れ感は否めません。

しかしそれでもコンテンツの質は落ちていないのかなと思います。

それは何故か…?

9.これがYouTuber界の神の余裕…

ある意味さすが王者ヒカキンであり、もはやここまでのユーチューバーになると余裕がありその余裕から来る圧倒的安心感のある安定した動画をユーザーに見せる事こそが仕事であります。

そしてヒカキンの一番すごいところは今も昔も変わらない動画を出し続けていること事にあります。

はっきりいって彼はYouTuber1の成功者でありもはや大富豪です。

ラファエルも言っていましたが本当の上の方のYouTuberは国内でも海外のトップユーチューバー並に稼いでいる。

年収10億を恐らく超えている。じゃないと計算が合わないと自分の収入から憶測していました。ヒカキンはまずその中には入るはずです。

それだけの金持ちが未だに激辛ラーメン食べて変顔してレビューしてるわけですよ。これってすごくないですか?

皆さんがもし同じだけお金があってそれが出来ますか?恐らくプライドが許さないでしょうし無理だと思います。ぼくなら絶対ムリです。

そんなこと若手ユーチューバーに任せて自分ではしないです。だから彼はすごいのです。変わらない事は難しい。変わらないことの努力がすごい。その努力をしている者だけが変わらずにいられるのです。

やっぱりヒカキンは強いです。恐らく彼はこれからもYouTuberとして生き残るでしょう。いざとなれば一時期のように大金を使った企画も出来るわけですしね!やっぱり最強のユーチューバーはヒカキンしかいない!

10.キッズライン♡Kids Lineついにヒカキン超え!

本当につい先日ヒカキンが動画に猫まで使ってる集落ぶりをお伝えしたばかりですが、遂にキッズラインに登録者数抜かれちゃいましたね…。

キッズラインとは?
12歳のねみちゃんと8歳のこうくんの姉弟が遊ぶ様子の動画が投稿されているチャンネルである意味ホームビデオのようなもの。

キッズラインと言えば子供向けのYouTuberの代表的な存在で、ある意味教妬み、嫉み、僻み、辛み、の対象の象徴的な存在です。何故か?勿論子供を使って信じられない位の大金を稼いでいるからですね。

僕個人的には別にえぇやんとも思いますがね。だって元からそういぅチャンネルなんだし。ヒカキンみたいに勢いが落ちて来てネタも枯渇して来て苦し紛れに猫を投入してる訳じゃないんだし。

勿論YouTubeのガイドラインに子供でお金稼ぎは禁止!みたいなのも無いしね。勿論それは猫でも同じだが、最初からしてるのと、苦し紛れにするのでは意味が全く違うしね。恐らくヒカキンなら結婚して子供出来たら動画に出して再生数取ろうとして来ると思うしね。

コレだけキッズラインの登録者数が伸びたのは本人が1番ビックリしてるだろうけどね。最近のキッズラインの伸びは凄かったし。だってある意味ホームビデオを皆に見てもらってお金稼いでるんだから(笑)

上手いやり方見つけたよな。新しいYouTubeの形の成功例だと思う。まぁキッズラインはパイオニアであって先駆者だから他の人がうちの子使ってお金稼ごう!感覚で始めてもここまで来るのはまぁ無理だろうな。

11.登録者数の買収疑惑!?

ヒカキン超えた瞬間登録者数も非表示にしたのが、登録者数の買収じゃないか!?とかの憶測を呼んでいるがまぁ意味ないしそれも無いだろう。単純にYouTubeの視聴者層が低いってだけ。

まぁ今回の事がYouTubeの勢力争いに亀裂を入れるような事は個人的にはチャンネルの特性上無いと思うが、YouTuber界にはYouTube界の神のヒカキンを超えた事は大きな出来事であった事は間違いは無い。ではまた僕でした☆

12.YouTube(ユーチュブ)アフィリエイト規約変更!

YouTubeアフィリエイトの規約が変更になった見たいですね!
前までは10000回再生以上無いと広告載せれないって規約だったみたいだけど、それでもユーチュブ自体の質の低下を免れる事は出来ず、つい先日新しい規約を発表した。それがコチラ…

・年間再生時間4000時間以上
・登録者数1000人以上

この2点。YouTube(Google)も本気だなとこれを見て感じる。と言うのも前までの1万再生ぐらいなら1本目の動画投稿から知名度ゼロでもちょっとバズったらすぐ達成出来たぐらいの数字だから

13.Googleもいよいよ本気だぞ!

それに比べると今回のパートナープログラム(収益化)規約かなり厳しいな。再生時間4000時間は1日11時間再生ぐらいか。まぁコレは置いといて。登録者数1000人はかなりの壁でしょうね。
これから始めようと思ってる人なんかはもう諦めた方がいい!と言えるレベル。

今回の規約変更は全てのチャンネルに適用される為昔審査通しているチャンネルでももう一度振るいに掛けられることになる。

ここで、収益を上げれてないチャンネル、つまりはユーチュブに貢献出来ていないチャンネルからは広告が外されるという事。

そして、優良なチャンネル(ユーチュブに貢献している)を更に伸ばして行こうとするGoogleの意図が見て取れる。

確かに近年では社会のマナーを無視した様な、自称YouTuber達が激増している…。

14.度の過ぎる動画を投稿するYouTuber達…

例えば…
チェーンソーを持ってクロネコヤマトの営業所に殴り込み。YouTuber舐めとったらアカンでぇ〜!
おでんを素手でツンツン!おでんツンツン男。
警察官の目の前で白い粉の入った袋を落として、ダッシュで逃げてみる。
サイゼリアで全商品頼んで食べ切れなくて大量に残す。
世界的トップYouTuberであるLogan Paul(ローガン・ポール)が富士の樹海で死体を映す。



全部度の過ぎためちゃくちゃな行為ばかりです。全て一度はユーチュブ上にアップされた動画たちなのです。もはやネタ。

そりゃ規約も厳しくするしか無いですわね。YouTuber全部がこんな人達ばかりでは無いのは勿論ですが、印象良くないですよねYouTuber。

最近HIKAKINさんもテレビで語ってましたし。ヒカキンさんとかはTVに出てもっとYouTuber、YouTubeの良さを伝えて行かなければならないと感じますね

まぁ人の振り見て我がふり直せじゃないですが、Google Adsenseの規約とか厳しくなったりしないのかな?YouTubeが来たら次はAdSenseか?なんて思ってしまう今日この頃でした!

15.言ってもYouTubeってまだまだ緩いよな。

人の収入予想っていつまでも出来る?許すのかな?グーグル?

要は最近で言うならアカウトBANだけどサブチャンネルはまだ生きてるからちょっと大人しくてしてそっちで!って感じで、なんかアカウト停止BANって意味あるのかな?と感じる。

ラファエルやレペゼンの時もそうで、普通の考え方ならアカウトBANされたら普通の常識的な考え方ならYouTubeから消える事になりますね。

しかし、ラファエルもレペゼンも違うチャンネルに移っただけで変わらず動画投稿が出来る。

まるでドラゴンボールで言うなら死んで頭の上に輪っかが付いただけで何も変わらないようなもの。(笑)

勿論収益的なダメージはあるものの、ラファエルで言うならすでに100万人近くまで登録者も戻している。

ブログならGoogle Adsenseだが、アドセンスはアカウト停止なら基本的には終わりだ。勿論投稿した記事が消される訳ではないが、広告は全て剥がされる。

ネット界に記事を出している意味が無くなる。

それに比べると緩いなYouTube。まだまだ規約も厳しくなりそうだけど、いずれこの辺のメインBANなったからサブチャンに…ってのも規制掛かりそう。アカウトBANってなんなんて?なってる視聴者いっぱいいるだろうからw

ブログで言うなら違うブログで始めればバレないだろうが、YouTubeなんて顔出てるんだから違うチャンネルでもBANだろ普通。もろバレなんだからww

だって規約違反でアウトな訳だし。少し例で言うならその場所で犯罪して捕まった奴が釈放されて刑務所から出る時にあそこの場所ではもうしたら駄目ですよ!って言うようなもの。他の場所ならいいのかよ?ってとこでね(笑)

最近ではまた厳しくなって、ギャンブル、タバコ、アルコールも禁止にしたみたい。でも、 Adsenseなんかと一緒で誘導したりするのが禁止なだけだけど。いずれパチンコ動画とかもアウトになりそう。シバターやばいな(笑)

でもまだまだ厳しくなるよユーチューブ!アルコール禁止とかもアドセンスなら前から禁止だからね。なんで今までは良かったのか謎。おんなじGoogleなのに。

ユーチューブも変革期に突入して毎日冷や冷やものでしょうねYouTuberも。だってアカウトバンなら明日からは無職ですしね。生活出来ないよ。水物ですからねYouTuberも。あぁ〜コワ。Google。

16.YouTube・YouTuber何がそんなにいいのか?

やはり流行りを押さえれる所がデカイですね!ユーチューブなんてって思ってる大人のビジネスマンの方も大勢いらっしゃると思いますが、僕もYouTube(ユーチューブ)なんてって思ってましたもんw

でも意外と勉強になることも多いです!

YouTuberと言うのは誰よりも早く動画出すために(最初に出して再生数稼ぐため)にいつも世の中の流れにアンテナを張っています!それが彼らの仕事なので。

社会人は世の中の流れにアンテナを張るのは当然なんですが、それは仕事ではないですし、忙しくて時間がないのもあり、特定の分野(本業)に特化したアンテナの張り方しか出来ないのが実情ですよね。
それをYouTubeで埋めるのです!YouTuberには色々な分野の方がおり、YouTubeを本業でやってるYouTuberの方もいれば本業とは別に副業のYouTuberの方もいらっしゃいます。(正確には副業はYouTuberではない)



17.様々なタイプのYouTuberが存在するから面白い☆

代表格と言えばヒカキン!ラーメンとかお菓子の紹介とか新商品の把握が出来るという意味では使える(笑)
ヒカキンが紹介したら次の日にはスーパーとかから商品か消えるとも。案件仮面ラファエルなんかも哲学の話したり、金髪企業家ヒカルは気になるけど普通の人が試さないような事をお金掛けて検証する検証動画とか。
瀬戸弘司とかもパソコンの事詳しいし、へぇ〜って思うことも多いですね☆
中にはニュースになるような事をやらかす輩もいますが…
おでんツンツン男、チェーンソーヤマト突入、警察官の前で白い粉を落として見る、こういぅ事するやつがいるからYouTuberYouTubeも大人に敬遠されるんだよ。
ホントにごく一部のキチガイYouTuberだけなんですけど、こんな事するの。こういうやつらはYouTuberは屑とかじゃなくて基本的に人間性が屑なんです。
YouTuberは娯楽を提供する職業だと思うのでこれからも続いていって欲しい職業ではありますがね個人的には☆

18.どこまで行ってもブログや活字の時代は終わらない。

最後に!ここまで散々ユーチューブのこと書いて来ましたが今は文字より動画の時代になりつつあるとは最近のYouTuberなんかのとんでもない収入を見れば一目瞭然かなとも思いますが、僕個人的に思うのはそれでも活字と言うか文字によるブログの時代は終わらないと思いますね。

何故ならやはりスマートフォンを誰もが手にした世の中で気になった事等を調べる時って、YouTubeで調べますか?誰もがGoogleかYahooやBingの検索窓から文字を入力して調べるでしょう。

今ならスマホ一台あれば仕事中でもパッと気になるニュースを閲覧する事が出来ます。それこそ時間の無い時に動画で何かを見ようとはならないですよね。

後は動画は基本的には音声ありきなんですね。それこそいつでも音が出せる環境にいつもいないし、仕事中ならイヤフォンも出来ないもんね(笑)

こんな点から僕はYouTube等の動画媒体よりまだまだブログ等の活字媒体の方が強いと感じるわけです。やはりブロガーは世の中には絶対必要な存在だ。

でもトップYouTuber達の世の中に与える影響力ってテレビタレントより凄いですからね!そこまで行けるのはYouTuberの中でもほんの一握りだが。

結論!まだまだブログの時代は終わらない!

ではまた僕でした☆