【ここではないどこかへ…】GLAYの1999年発売のミリオンの超名曲にいつも元気づけられている件!ブラック企業の社員こそこの曲を聴け!

家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はこんな社会人になってぐっと胸にささる名曲のご紹介!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

GLAYの名曲「ここではない、どこかへ」

よく仕事中に頭を流れるのはGLAYの1999年8月25日発売の17枚目のシングルミリオンセラーの名曲ここではない、どこかへ」ですね。

本当に良い曲で正にGLAY全盛期を感じるミリオン突破の楽曲なのですが、やはり共感すべきはここではないどこかへ飛び出そうと言う思い。

僕的にもブラック企業から飛び出したくてアフィリエイトを始めた経緯もあり、正にブラック企業ではないどこか(夢のホワイト企業へ)って感じですね。笑

まぁいつか夢も夢じゃなくなる時も来るかも知れませんが、本当に今聞いても元気付けられる名曲だ。本当にGLAYの楽曲は大人になってから聴くと一味も二味も違う心に突き刺さるものばかりだ。TAKUROのセンスにはマジで脱帽だ。

これを聴いて今日も仕事頑張ろうw

ここではない、どこかへ

作詞 TAKURO

作曲 TAKURO

唄   GLAY

1999年8月25日発売 17枚目シングル

どんな願いならば
かなえられないと言うのか?
世の中でさえ信じてた頃
夢は無限にある その全てを疑いもせず
満たされていた 許されていた

ひとつひとつ 仕組みを知れば
子供のままでは生きてゆけないと

変わりゆく他人を遠くに見ては
時代の息吹に身をさらす

ここではないどこかへと 胸を焦がすよ
無邪気な季節を過ぎ 今誰もが戦士達
2度とはない風の香り あといくつもの
扉をたたいて この痛みを和らげる

よく見てた景色 例えば古い恋の歌を
擦り切れるまで何度も聴いて
履き古しの靴 どこまで飛べるか競走した
そんな仲間と別の途につく

道端に咲いた花の様に
力の限りに歌い続けている
同じ気持ちでいてくれたなら
逢えない日々も それもまた…

計らずも そう 僕らは航海に出た
ゆるぎない魂に 南向きの帆を立てろ
悲しい事ばかりの世 うれいの夜には
誰かの優しい 愛の歌に眠るだけ

愛を語れない口唇に
孤独にホホよせる恋人達
この場所にとどまる理由などないさ
輝きすらありのままの

ここではないどこかへと 胸を焦がすよ

無邪気な季節を過ぎ 今誰もが戦士達
計らずも そう 僕らは航海に出た
ゆるぎない魂に 南向きの帆を立てろ
悲しい事ばかりの世 うれいの夜には
2人の願いを かなえられたら

ではまた僕でした☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする