【天才桜井和寿!】Mr.Children(ミスターチルドレン)のWorlds end(ワールズエンド)に見るミスチルの作詞家としての天才ぶり!僕達は自動販売機!?

家電凡人パパス
どうも僕です★今回はこんな心に沁みた名曲の歌詞のお話…
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう?

やっぱり最高!Mr.Children!天才桜井和寿!

【今のミスチル】時代も流れたもんだ…Mr.Children(ミスターチルドレン)himawari(ひまわり)に見る桜井和寿の歌声の昔との変化…25年間第一線を走り続ける音楽界のポップザウルスの使命感!
どうも僕です☆ 今回は言われてなるほどなぁ~と思ったことの話題です♪ 1.Mr.Children(ミスターチル…

名曲の歌詞シリーズ~Mr.Children Worlds end~

12枚目のアルバム「IラブU」収録

この歌詞で一番天才と思うところはやはりここですね。

飲み込んで 吐き出すだけの 単純作業繰り返す自動販売機みたいに
この街にボーっと突っ立って

素晴らしい表現力…桜井和寿に脱帽です。

よくこんな詩が出るなと思ってしまう。平凡で自堕落な毎日を送っている
僕なんかはグサ!っと突き刺さるような歌詞である。

社会人の人はドキっとする人多いんじゃないでしょうか…

与えられたノルマ(仕事)を言われたとおりにやり切る(結果を出す)

正に自動販売機!この歌詞の言うとおりだ。毎日が単調な日々の繰り返しの日々。でも元気をもらえる曲の歌詞の一つでもあるな。

それではまた僕でした★



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする