AAA(トリプルエー)情報

【AAAがオワコン化?】トリプルエーのグループとしての人気の絶頂期はいつ?2011年~2016年?昔は人気と勢いが凄かったけど今現在は人気が落ちた?3度のメンバー脱退などの転機で人気が凋落?

2022年11月5日

どうも僕です☆今回は現在活動休止中の人気グループAAAについてです!

AAAの絶頂期はいつ?2011年頃が凄い人気と勢いがあった!

 

AAA FAN MEETING ARENA TOUR 2018

2023年今現在活動休止中のavexの男女混合人気ダンス&ボーカルグループのAAA。

2005年デビューのAAA。

人気の絶頂は2011年頃からでしたかね。

当時の人気は凄かったよね。周りもみんな好きだった。 AAA自体が輝いていたし勢いも凄いあったね。

今ってAAAみたいなグループって本当いないよな。今では珍しい唯一無二の男女混合グループだったと思う。

まぁ解散したわけではなく活動休止中なんだけどやはりAAAは2017年で終わったと言える。

AAAには2度の転機があった。正確には3度あったが大きかったのは2度ですね。

1度目は8人体制でAAAがデビューし2007年に脱退した後藤友香里。この当時の彼女の印象は薄くAAAが8人組で活動していたことを知らない人も多いだろう。

AAAも人気が絶頂になる前でしたしね。そしてここからがAAAのある意味人気を失墜させグループの存続を危機的にした出来事になる。

AAAの大きな転機…メンバー2人の脱退!

 

AAA FAN MEETING ARENA TOUR 2019

AAAの2度目の転機はグループの人気が絶頂だった2017年。

2017年のAAAにとっての大きな出来事といえば中心女性メンバーだった伊藤千晃の脱退。

やはり伊藤千晃の脱退はAAAにとってあまりにもでかかった。男女混合グループで仲が良く男女のイチャイチャが最大の魅力であったAAA。

唯一無二だった魅力がかなり弱まった。

3度目のAAAの転機は2019年のリーダー浦田直也の脱退。メインボーカルの浦田の脱退でAAAの色そのものが変わったともいえる。

デビュー当時からNissyこと西島 隆弘とダブルボーカルでやってきたAAAでしたからね。

AAAのグループとしての絶頂期は2011年~2016年かなと思う。まぁ長く見てですけどね。

2011年~は小室哲哉の曲の頃は本当に最高。LIVEの集客などを見ると全国4大ドームツアーをグループ史上最大規模となる34万人を動員した2018年も凄いけどグループとしての勢いは2011年頃からが一番あったと感じる。

グループとしての油がのって無敵モードだった。AAAとしてメンバー全員が自信をもってステージに立っていた感じ。

パフォーマンスに迷いがなく最高潮。年齢的にもこの頃は皆が25歳ぐらい。仕事においても脂が乗っていただろうしね。

流石に5人となったAAAに当時の勢いはない。しかしAAAとしてまだグループを残してくれていることや楽曲が色褪せることはないのでこれからも応援していきたいグループではありますね☆

AAAは青春そのものと言っても過言ではないですから。

ではまた☆

-AAA(トリプルエー)情報