【昔のハイトーンはどこへ…】小渕健太郎「発声時頸部ジストニア」の影響か、お得意の高音域は大きなおじちゃん黒田俊介の圧倒的な声量に全てかき消された!?

どうも僕です☆今回は昔のように高音域が出なくなってしまったコブクロの小渕健太郎について!
家電凡人
視聴者
へぇそれは気になりますねぇ~?

コブクロ小渕昔のように高音域声出てなさ過ぎて可哀想。

blank

コブクロといえば、背の異常に高く声のデカイ(声量のある)黒田俊介と世間的には黒田と比べられて小さいと思われているが

極普通の身長でガラスのように繊細でハイトーンボイスの小渕のデュオですね。黒田193cm。小渕身長168cm。

 

特徴は黒田の声量のある主旋律に乗せるハイトーンのコーラス!昔は黒田の圧倒的な声量にも負けずに声が出ていた小渕だったが

やはり2011年に発症した「発声時頸部ジストニア」の影響か?昨日のFNSでは昔の声量のあるハイトーンは影を潜め、ソロ部分ではかなり辛そうだったし、声出て無い。

 

彼の歌い方自体が苦しそうに一生懸命歌うスタイルだから応援したくなってしまう。ガンバレ!とね。

 

そして昨日思ったが、黒田もう少し声量抑えてやれよ。あれじゃただの声の大きいうるさいおじさんじゃんw言い過ぎか。ファンの方ごめんなさいm(__)m

 

個人的に今でも充分上手い小渕であるが昔ほど出なくなったのには残念さはありますね。そして黒田!もう少し静かにしてやれ!笑

 

ではまた僕でした☆

-アーティスト情報♪

blank

Copyright© 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記 , 2021 All Rights Reserved.