アーティスト情報♪

【ボーカリスト上原大史の歌唱法の凄さ】歌い方に違いがある?WANDSと−真天地開闢集団−ジグザグの2つの異なるバンドで意図的に歌い方を変えている?発声の違いや敬意を感じる丁寧な歌唱法とは?

どうも僕です☆今回はWANDSと−真天地開闢集団−ジグザグのボーカル上原大史の歌唱法の違いについてです!

圧倒的な歌唱力を誇る上原大史。バンドによって歌い方変えてるってマジ?

WANDSについては↓

【WANDS第5期始動!】イケメン3代目新ボーカル上原大史とは?歌は上手い?下手?初代上杉昇に声が似てる?-真天地開闢集団-ジグザグのボーカル命(ミコト)って本当!?

☆コンテンツ★ 「音楽の日」で久しぶりに見たWANDSに激しい違和感!?WANDS再結成!第5期始動!3代目ボーカル上原 ...

続きを見る

超PayPay祭開催中☆最大38%還元↓

WANDSと−真天地開闢集団−ジグザグとの歌い方の違い?


「BURN THE SECRET」

今回は上原大史の凄さについてです。

まず大前提として両バンドのボーカリスト上原大史は歌が上手いです。

音域も下から上まで広く、歌唱法も多才。

ファルセットやビブラートそしてシャウトまで多様にこなし、声も天性のものがあり、

カッコ良くて色気があり良い声。素晴らしいボーカリストである。さらには顔もイケメン。

よくこんな逸材いたなと感心しきりです。

そんな上原ですが、何よりも個人的に凄いと思うのが歌唱法の使い分けです。

彼はジグザグとWANDSではかなり歌い方を意図的に変えています。

というよりは元々歌が上手いから出来るのですが、WANDSはかなり丁寧に歌っています。

ヴィジュアル系バンド−真天地開闢集団−ジグザグの命(みこと)としても活動している上原。


[ ー真天地開闢集団ージグザグ ]

こっちのバンドではデスボイスにシャウトなどかなりハードな荒々しい歌唱法です。

しかし最新のWANDSのDVDを見ていても思いますが、WANDSの上原大史になると一転してヴィジュアル系特有の歌唱法がほぼ見られない。

その歌い方の差にはWANDSというビックネームのボーカルをさせてもらっているという敬意が彼の歌唱からは感じられる。

ジグザグでは自分のバンドという事もあり多少のピッチ(音程は)気にせず荒々しく伸び伸び歌っている感じだが、

WANDSとなると自分のバンドであるがゲストのボーカルとして歌っている感じ。一音一音歌詞を丁寧に追ってる感じが伝わってきて敬意を感じる。

この歌い分けが出来るのは彼の歌唱力が高いからこそである。本当に凄いボーカリストだ。

イケメン天才ボーカル上原大史の凄さと敬意を感じる歌い方


WANDS Streaming Live ~BURN THE SECRET~【Blu-ray】 [ WANDS ]

−真天地開闢集団−ジグザグの命としての上原大史とWANDSとしての上原大史。一体どっちが本当の彼なのだろうか?

WANDSの彼しか知らなければこんなことを思わないかも知れないが、

ジグザグでのロックでオラオラ系の命様としての彼にしてはWANDSでは大人しく遠慮しているように見える。

WANDSとしてステージに立てば往年のWANDSファンに初代ボーカル上杉昇、2代目ボーカル和久二郎と比べられるのは当然のこと。

それは本人も重々承知のはず。それでもWANDSの3代目ボーカルというこれだけの大役を引き受けなおかつ声の近さや高い歌唱力で批判も少ないのは本当に凄いこと。

2021年04月07日に発売されたDVD「WANDS Streaming Live 〜BURN THE SECRET〜

2020年10月28日に発売された上原大史をボーカルに迎えた5期の初のアルバム『BURN THE SECRET』の楽曲を中心に、

2020年11月1日に配信されたStreaming Live~BURN THE SECRET~の模様を収録したDVDだ。

これを見ればWANDSとしての彼の覚悟や敬意を存分に感じられるだろう。

最初は大人しくお利口さんで歌っている彼ですが最後の方のSecret Night ~ It’s My Treat ~ではロック調なこともあり、

ロック魂が騒いだのかジグザグばりのシャウトも飛び出しノリノリ♪

一瞬命さまに見えてしまったぐらいだ。

見ていても本当に絵になるイケメンボーカルだ。

WANDSの難しい歌を自我を抑えながら丁寧に歌う姿は感動さえ覚える。

彼じゃなかったらこのDVDも最後まで見るのは辛いだろうな。

あと苦言をひとつ。

今のコロナウイルスの影響でアクリル板をバンドメンバー達の前に置くの仕方ないが指紋は拭いておいてくれ。

アクリル板が指紋だらけなのがとても気になった。まぁLIVEとは関係ない話でLIVEそのものはとても素晴らしいものでした☆

そしてキーボードの木村真也さん。療養に専念して頂きゆっくり身体を休めてまたWANDSに帰って来て下さい。

WANDSは本当に素晴らしいバンド。

そしてボーカルの上原大史彼の凄さとボーカルの変化をとくと見よ!

その姿にあなたも虜になるだろう…

ではまた僕でした☆

WANDSについては↓

【WANDS第5期始動!】イケメン3代目新ボーカル上原大史とは?歌は上手い?下手?初代上杉昇に声が似てる?-真天地開闢集団-ジグザグのボーカル命(ミコト)って本当!?

☆コンテンツ★ 「音楽の日」で久しぶりに見たWANDSに激しい違和感!?WANDS再結成!第5期始動!3代目ボーカル上原 ...

続きを見る