アーティスト情報♪ 男性アーティスト

【神様からの贈り物…】ギフトな歌声の天才歌手!声という才能の武器!いい声のボーカリストランキング!天性の声帯を持つ神に選ばれた天才男性歌手達!

どうも僕です☆今回は天性の声という才能を持つ男性歌手をご紹介します!

神様からの贈り物…ギフトな声という武器の声帯をもつ男性歌手達

今回は天才的な声という才能を持つ3人の天才歌手達をご紹介します☆

声は正にアーティストにとって命。その天才的な才能を持って生まれた歌手。

その歌声は神様からの贈り物のギフト。そんな素晴らしい歌声を持つ歌手たちをご紹介していきます!

では行きましょう♪

第3位 X JAPAN Toshl(トシ)


洗脳 地獄の12年からの生還

元祖ヴィジュアル系X JAPAN!ヴィジュアル系と言う言葉は伝説的エックスのギタリストhideにより生み出させた言葉。

X JAPANと言えば正に神格化された神的存在のバンドで一線を画す存在である。

その背景には沢山の悲しいエピソードや伝説があり、ドラマー兼ピアノのYOSHIKIの背負った宿命なのか?

X JAPANはとことん彼を追い詰めた。しかし、YOSHIKIは今でも進み続けている。hideとTAIJIを失っても。その生きる男の生き様の背中を今でも見せてくれている。

話が脱線し気味でしたが、やはりYOSHIKIの楽曲はToshlの正にギフトなハイトーンボイスあってこそのものだ!彼のハイトーンボイス無しにしてYOSHIKI楽曲はありえはしない。

先日にもYOSHIKIとHYDEのコラボ曲がありましたが、やはりYOSHIKIの楽曲はトシ声ありきだと感じてしまう。

再結成当時はトシが第一線から離れていた事もありまだまだ全盛期に程遠かったが今ではかなり安定して全盛期以上に綺麗な高音を聞かせてくれる。

勿論加齢により声は細くミックスボイスにかなり寄せてはいるが、X JAPANのあれだけ高いキーと絶対音感を持つYOSHIKIの作る完成度の高い楽曲をこれだけ今のトシの歳で歌いあげるのはかなり以上に凄いこと。

まぁダジャレみたいになってしまったが(笑)ファンには本当に堪らなく嬉しい事である。1日でも永くX JAPANの活動が続いて欲しいと心から願う。

第2位 クリスタルキング 田中昌之


It's My Life
 

最近の昔の映像で久しぶりにクリスタルキングの田中昌之を見たけどやっぱりマジですごいはあの声。

僕はクリスタルキングの世代ではないがあの頃にあんな歌手が出てきたらそりゃもう衝撃ですわな。

声が高いといえばX JAPANのToshl(トシ)ですが、トシの声はかなり特殊ですし、好き嫌いある声でもはや反則レベルです。

しかし田中昌之のあの声、本当にきれいで高くて声量もあってすごいな。そしてただ高いだけでなく歌も上手い。歌唱面でも超一流でありあの音域であれだけのロングトーンやビブラートなんてかけれる歌手はそうはいない。

あの声が草野球のボールが当たって出なくなったというのは衝撃的だ。この前普通にテレビで歌ってたけどやっぱりあのころの高音は出ていなかった。

この当時はそりゃ辛かっただろうな。歌手の命であり、完全に神様の贈り物のギフトの声だったのにあの声がもう今は聴けないのが残念だが楽曲は残り続けるし、

故に伝説のグループなのだから。本人も今では誰か僕の声出るように治す事の出来るお医者さんはいませんかと?冗談交じりに話す。

今でもYouTubeなどでも昔の田中昌之が歌うクリスタルキングの曲が残っているが是非1度聴いて見て欲しい。

知らない人は衝撃を受けるだろうし、知らないことはあまりにももったいない歌手であると強く思う歌手の1人であると感じる。

第1位 徳永英明


VOCALIST VINTAGE

彼の声も正に特殊!上のToshlやクリスタルキングの田中昌之達とはまた違った種類の歌声の持ち主だ。

彼は歌自体はめちゃくちゃに上手い。

ピッチ(音程)の取り方など正にプロの歌手である。

しかし、聞く人が聞いたら下手だな!なんて思うかも知れない。その要因はやはりあの声だろう。

声が擦れてしゃがれているのと子供のような無邪気さが声にあるからかなと思う。

正に神様からの贈り物だ。

本当にいい声なんですよね徳永英明の声って。音域も下から上まで広い。その優しく包み込むような歌声は聴くものを魅了してやまない。

カバーアルバムも大ヒットしているのも納得ですね。素晴らしい声質で不思議とどんな曲とも合うんですよね。

今回の中でもギフトという意味では1位かなと思いましたね。

これからも1日でも長くその歌声を僕らに届けて欲しいと思いますね♬

 

いかがでしたか?今回は神様からの贈り物であるギフトな歌声の天才男性歌手達をご紹介しました☆

ではまた☆