【これはおしい…!】アニメ映画『君の膵臓をたべたい』を観ての感想!泣かしに来るのかと思いきや…

家電凡人パパス
どうも僕です☆今回はアニメ映画君の膵臓をたべたいを観ての感想です!
オーディエンス
へぇそれは気になりますねぇ~?

アニメ映画君の膵臓をたべたいを観ての感想!

正直な感想は…おしい!

あまりに書くとネタバレになるので控えるが、この作品序盤〜中盤特に中盤の描き方や作品の流れの持って行き方が非常に上手い!

僕は純粋にアニメを楽しみたいのでアニメ映画に行く前に原作を読んだりしないので、シンプルにあぁ〜そう言う事かぁそれで桜良のこの行動なのか等がとても上手いと感じ、クライマックスは涙無しでは無理か!?なんて思って見ていたが…

正直最後の方の展開があまりにも微妙。と言うのも僕なんかは中盤からの流れでもう泣く準備をしている訳です(笑)

しかし結果泣かせてはくれなかった。見終わって感じた事は、僕がただ泣ける映画と勘違いして変に勘ぐって期待し過ぎただけなのかなと思った。

僕はただ映画を見て泣きたかっただけ。でも描きたかったのって滋賀春樹の成長だったみたいですね。中盤以降は桜良がどんな形での最後を迎えるのか?

と言う所にばかり自然と目が行き泣く準備をしていましたが、桜良の最後はあまりにも呆気なく、原作を読んでない僕なんかにはあまにりも衝撃的な最後でしたし、ある意味肩透かしでした。まぁ個人的にですよ。桜良の生き様を描く映画だと流れ的に勘違いした僕でしたが、映画は桜良との出会いで成長して行く春樹を描いていた作品でしたね。

まぁこの映画は引き込まれて行くと言う意味でも良く出来ていたと思う。キャラも見る前はそこまで作画が魅力的とも思わなかったが、観ていくウチに桜良もどんどん可愛く見えていくし、クールな主人公春樹もとても魅力的で桜良との出会いで変わった彼の最後の笑顔は出会う前の彼のギャップと相まってとても魅力的に描かれていた☆

後本当に個人的な感想なんですけど、春樹のクールでテンション低いとこや作画が氷菓の折木奉太郎とよく似ているなぁ〜なんて思いながら観てました(笑)

君の声からの流れなのか最近のアニメ映画の始まりって普通のアニメみたいですね。序盤で表題曲を担当アーティストの別の曲で始まるみたいな。君の名で言うならラッド。今回はsumika(スミカ)。なので製作者的にもかなり慎重にアニメの世界観にあった曲選んでるんだろなぁ〜なんて思う。

まぁ最後に評価は10段階で付けるなら7.5ぐらいかな?中盤までなら10あげてもいい位個人的にはいいと感じた。

今回はお前誰やねん!位の目線でアニメ映画君の膵臓を食べたいを評価させて頂きました☆今回書いてる事はあくまで個人的な感想ですので、皆さんも是非劇場まで脚を運んで観てください☆最後まで見て頂きありがとうございました!ではまた僕でした☆