【完璧なデスノートの唯一の矛盾】DEATH NOTEは面白い?面白くない?流石に天才の夜神月でも無理!?ポテトチップスの袋の中の小型TVは見えないだろ説!人気漫画で素晴らしい出来の作品の唯一のご都合主義の汚点

どうも僕です☆今回は超人気漫画だったDEATH NOTEの矛盾についてメスを入れたいと思います☆
家電凡人
視聴者
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう? 矛盾無いことでも有名な作品だもんね…

ポテチの中の小型TVで報道された犯罪者をDEATH NOTEで心臓麻痺!?


DEATH NOTE オリジナル・サウンドトラック
blank

2000年代前半に一大ムーブメント巻き起こした本格SF漫画作品DEATH NOTE

 

作者である大場つぐみはラッキーマンでお馴染みのガモウひろしと言う説はあまりにも有名である。

関連記事>>>天才な設定の漫画ラッキーマン!

この作品何が凄かったかと言うと少年誌の週刊誌でここまでクオリティーの高く矛盾等の無い作品をよく描けたなと言う所!

 

しかしノートに名前を書かれた人間は必ず死ぬというぶっ飛んだSF設定だが本当に12巻と言う短さもあるが、濃い内容なのに矛盾が無い。

 

唯一上げるならやはりポテトチップスの袋の中の小型TVの所か…(笑)

いや…いくらなんでも見え無いだろ!(笑)

 

唯一コレぐらいなんですよね。まぁもともとの設定がぶっ飛んでるから言い出せば出そうなもんですが、

ホントに少ない素晴らしいクオリティーの平成を代表する作品だと思います。

 

続編が見たいとかではなく潔く高クオリティーのまま終了した事に美学を感じる伝説的に永遠に語り継がれるであろう作品である☆

 

それでもポテチの中のテレビどうやって見たんだ?ライト!教えてくれ!笑

ではまた僕でした☆

-漫画・アニメ

blank

Copyright© 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記 , 2021 All Rights Reserved.