【ネットショップの課題】運営者目線の通販のデメリット。問題点と多さと危うさとミス要素!経費掛かり過ぎて赤字?対面販売では無いが故の誠意の見せにくさと会社が負う大きな代償…薄利多売で下手すりゃ大損?

どうも僕です★今回はネットショッピングの問題についてです!
家電凡人
視聴者
へぇそれは気になりますねぇ~何だろう? 

ネットショップ経営者だから分かる問題点!


マンガで納得! インターネット販売 売れるネットショップ開業・運営

今回はネットショッピングの何が1番の問題なのか?何が危ういのかを考えて行きます。

今回の記事は是非ネットショップを運営されている方にこそ読んでいただきたい。

僕は本業の会社でネットショップを運営しております。

前回の記事↓

 

そんな僕が考えるネットショップの何が1番問題か!?それはズバリ対面販売では無い事です!

 

ネットショッピングで店売りじゃないんだから当たり前やん!

 

って思ったかも知れませんが、やはりそこが1番の問題です。

 

対面ではないので、もしミスをした時の謝罪等が店売のように直接会っていない為、会いにいけないため誠意を見せにくい事

 

会社的な立場で見ると商品を送り間違えたりした時の返品等の対応です。

 

連絡を取り合うことにも時間を割きますし、返品時の送料や再送時の送料にしてもかなりの負担になります。

 

もともとネットショップは全国販売なので全国の全ての店舗がライバルです。

 

検索すればネットショッピングといえば楽天ですが楽天でそれこそ僕も酒屋なので「スーパードライ」と検索すれば驚くほどの数のショップのスーパードライが人気順安い順にズラ~と並びます。

その中で勝負して商品を売って行くには最安値にし薄利多売でやっていく以外に道はありません。

それこそ1個商品売って100円、50円の利益の世界です。

そりゃミスして送料負担してる場合じゃないですよね。^^;




ミスばかりしていたらそれこそ大損!

 

ネットショップでミスをして往復分の送料を店舗で負担…

こんな事をしていてはネットショッピングをやっていることの意味がありません…

 

さらにネットでミスを一つでもしてしまうとお客様から信用をなくすのももちろん掲示板やレビューに悪い評価を書かれてしまうということです!

 

ネットショッピングやネットの類は評判や評価レビューが全てとも言えます!

 

そこも店売りと少し違いますね。一つのミスでネットショッピングの店一つが簡単に傾いてしまう可能性が十分にありえてしまうのです…残念なことに。

 

なのでネットショッピングには細心の注意と確認が必要と言えます!


図解即戦力 EC担当者の実務と知識がこれ1冊でしっかりわかる教科書

その辺が今のネットショップの課題ですかね。注文件数も多くバイトの子達にも梱包もお願いするのでミスは件数の増加で自ずと起こる。

 

いかに効率化して注文をミス無くバイトの子達でもこなせるかにこれからのネットショップは掛かっていると思います。

 

ネットショップの売り上げの伸び方は本当に凄いですからね☆

 

今回はこの辺で。ではまた僕でした。

 

◆カテゴリーの一覧◆

2017年からの歴史

☆ブログランキング参加中☆

-ネットショッピング活用術
-

Copyright© 家電凡人パパスのデジタルお昼寝日記 , 2021 All Rights Reserved.